講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

大丈夫。今、旧体制のテッペンで変革が始まった。抵抗勢力のとばっちりを受けないように。

 こんにちは。おはようございます。

1) このブログに、大量の「旗」が立ってしまいました。そして、いったいどこまで増えるのだろうと、少し書き込まないでいたら、

  「あれ、ぜんぜん更新していないけど、何かあったの? 大丈夫?」 

  こんなメールを頂きました。

 また、「WHOが正式に発表していない。英文URLは、どこにある?」とも。

 今回のWHOの決定は内部通達で、しかも、各国の事情を尊重するため対外的には文書は出さない、とのこ とです。 情報源は、華僑筋に近いお医者さんグループ。今のWHOのトップは誰?どんな人?

 今、ロシアにいるスノーデンも、昨年は、一時、香港にいました。

2) 「京の風」で、7月17日に、カレン・ヒューズのことを紹介したとき、こう書きました。

>彼女の話が間違いのない事実で、世界の金融当局が本格的に動きだすのなら、この夏休み明けには、日本の政界でも、当然、大激震がおきることが予想されます。 ただ、世界中でこれに対する抵抗(嫌がらせ)も頻発し、大きな事件もおきそうです。これまで、国家暴力と中央銀行の仕組みで、特権を築いてきた者たちは、全ての足場が崩れていくことになるのですから。

こう書いてすぐに、大きな事件、ウクライナ東部でマレーシア機の撃墜です。進路が変更され、打ち落とされた。

さらに、台湾、アルジェリア。

イスラエルが、原発へのロケット攻撃に怒って白りん弾に地上戦。   

五月末から、ガザのハマスの中に「戦争屋」が入り込んで、マッチポンプを始めています。      ネタニヤフが日本の天皇とあって、平和的解決を約束したばかりだったのに。

3) FRBの金庫フォートノックスの、偽の金塊。 これは、2012年にはすでに英語世界の周知のことでした。https://www.youtube.com/watch?v=8Jahrz2BDZo

 戦前、1930年5月30日に日本が筆頭理事国でBISがスタートしたのですが(これは天皇ヒロヒトの画策)、翌年の満州事変で、日本は国家としては、BISでの権限が無くなりました。天皇個人は巨大な権限がありながら、国家が使えなくなった。この辺を石原莞爾はきちんと知らないまま、軍事行動を起こした。昭和天皇は石原が嫌いでした。しかし、石原の軍事的成功に嫉妬した陸軍は、満州に溥儀を引き込み独立国(実際は傀儡)にした。しかし、これがリットン調査団でも認められないと国際連盟を脱退した。

 この日本が孤立した1934年から、開戦の詔勅の前までの1941年前半までの7年間に、アメリカに運び込まれたのが1万5千トンの金塊。これを元に、1944年に、米ドルを金本位制で発行することにしたのですが、もう、金塊そのものもないと。

 その点、カレン・ヒューズ女史は17万トンあるといいます。さてさて、どんな風に使うのか? とりあえずBRICS開発銀行を支え、これから出てくる通貨に金を使う。戦争屋や詐欺師、ピンハネ野郎には、あたらしいカネは流さない、ということなのでしょう。彼女が東京にいたのですから、現在の今上陛下、及び、華僑系のひとたちとは話していた筈です。

4)「黒田バズーカ」をうけて、私企業で最も多くのマネーをアメリカに届けたのが、ソフトバンク。http://blog.livedoor.jp/itsoku/archives/37034894.html

  http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20140617/266971/

 買収した米国企業の事業としての価値よりも、アメリカにカネを流すことが目的だったのでは?どうやら、孫正義は最近は酒びたりで、「あれは買うしかなかったんだ」と泣き喚くこともあるとか。そして、さらに買ってイク。

 もし、ソフトバンク株が大暴落する事態になったら、きっと、華僑系の資本が底値まで待って一気に買いに入るのではないか、と予想されます。

 そういえば、日本政策投資銀行とタイの財閥CPが、日本企業の東南アジア進出を支援すると言って共同出資している。これは、BRICS開発銀行とほぼ同時期。

タイは、悠仁くんのお父さんの秋篠宮が大好きな国でした。今、アセアンと中国は自由貿易関係です。

5) 8月10日(日)のサンクゼール ”コズミックセレブレーション2”。

    この夜のスーパームーンはますます輝きますね。

   泊まりは、ログハウスを用意していますし、 昨年同様、「ホテル杉の子」もあります。

  

  8月24日(日)に、京都で、勉強会。(会の名前を、思案中)

  以上は、別途案内します。

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。