これから中国河南省に行きます。未来創庵は2月6日を予定。皆神塾は名古屋13日、大阪14日。

 こんにちは。

1) 各国にある戦争屋の影響力が消えていくと、本来、不必要だった対立・抗争の芽が、どんどん薄らいでいきます。 東アジアでも、「緊張」が急速に減っていく。 

 昨年まで、必要以上に大きかったのが、日中での尖閣や南沙問題でした。さらに、慰安婦問題。

 今年は、ロシアとのあいだで北方領土問題も解決するでしょう。 ポツダム宣言を受け入れた事実の重みを、きちんと見ないで、戦後の日本の外交で、本来、何の根拠も有効性もない「固有の領土」論を振り回させたのは、まさに、戦争屋の画策でした。彼らが、日本軍部の亡霊たちの無念とプライドを、国家運営の中に埋め込み、言論やメディアで増幅させてきたのです。国家は、常に、概念と暴力で、形成されるのです。

 これまで、緊張を創りだす側の手先になっていた人間は、どんな運命に成るか? また、その過程で大金を手にした人間に、何がおきるか?

 1月22日、安倍首相は電話で、サミット前の4月に、ロシアの地方都市で、日露首脳会談の開催を、プーチンに呼びかけました。 東京皆神塾でも話しましたが、これが、もし、ブリヤートのウランウデでの開催になれば、一気に、放射能対策を含め、日本国の状況が変わります。これは、大きな注目ポイントです。

2) これから中国の中原、河南省に行きます。

 これは、中国における古代キリスト教の影響を確認するのが目的です。

 昨年亡くなった中里博士から知己を得た人物に、神戸平和研究所の杣浩二先生がいます。日本文化は聖書が起源、という持論の持ち主で、古代イスラエルからの日本列島のヘブライの流れを、実証的に追っている人物です。杣さんが、まだ、洛陽のある河南省にいったことがないということなので、ご一緒することになりました。 私は1,994年から2年間、河南省の鄭州に小さな会社を持っていたことがあります。

 洛陽、開封、安陽、龍門、少林寺などを回る予定です。

中国の都が、咸陽(秦)・長安(前漢、隋、唐)から洛陽(後漢)、そして、開封(宋)に、どうして移っていったのか、 これは、統治体の権力構成(新規の外来部族)と生産力の関係を知る上で、とても勉強になるテーマです。

 中国経済がバブル崩壊したものの、一方で、AIIBが発足。今後どうなるのか? 表面の経済は、ボロボロのはずですが、実は、地下には大量の資金が有り、これをどう活かすか? すでに発展改革委員会は方策を考えだしているようです。今回も、河南省の「朋友」からは、いろいろ話したいことがあるとも言われてます。

3) 今後の予定

 2月6日(土) 午後1時から、第二回目の未来創庵を予定しています。(一番寒い時になりますね)。

 2月の皆神塾は、 13日(土)が名古屋   14日(日)が大阪です。

 あと、 広島や、新潟でも、開催希望が来ていますので調整しています。

 最近、真剣に考えていることですが、自分に与えられているエネルギーと時間を、どこに向けて、どう使うか、ということです。

 「京の風」ブログを立ち上げたのは2003年11月で、以来、「文明より文化」、「イノチの響きが第一」として、書き続けてきました。特に、「311」以後は、日本国家のイノチを無視した欺瞞性に対して抗議し、その牙から逃れることを、訴えてきました。この国は、パリサイ派が作り上げた完璧な洗脳国家でした。

それが、もう、もたないのは、わかっていますが、自分が洗脳されていることに全く気づかずに、まだまだ、国家に期待する人が多いという現実に、どう対処するかです。 

 「届く人には、届く」。 「届いた人で、自分の存在を自覚した人と、どういう、現実を創りだすか?」  

 「聞く耳を持たない人(片目を潰されている民)に、何かを伝えようとする」のではなく、

 「現実をどうすればいいのか、こういうやりかたもある」と、知見と意志を共有できる人間と繋がること。

 想像と創造のできる唯一の生物種である人類の一人として、未来に、何を残すか?何を育てるか?

 この視点で、日々の日常を選択しなければならない時代に入っています。 

 個体生命として、自分に与えられた時間とエネルギーは限られている。 未来に繋がる、着実な「芽」を出すために、どこに、どう「種」を植えるか、ここに、注力です。

 メディアというイメージ操作の世界や、どんな人間をも平等に扱うという前提の行政の立場での言論とは、離れることになります。

 合わない人とは、会わない。 ウソつきごっこ に、付き合っている時間はありません。淘汰の時代なのです。  

 PS: そろそろ、このブログで使われている写真を変えようと思っています。今の写真は、12年前のもの。上手なプロ級のカメラマンさんよろしく。 

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

6月9日開催『皆神塾(東京)』DVDの内容紹介ビデオ

6月9日に開催した『古代史研究会(第3回)』DVDの内容紹介ビデオができました!
20分のビデオですが、新井先生が、講演内容の概略を説明されています。
皆神塾にご来場いただいた方はご存じですが、講演会自体は2時間46分(166分)ですから、もちろんこれ以外のお話も盛りだくさんです!!

現在、このDVDをキャンペーン価格で販売中です。DVDの内容などの詳細については、次のリンクからご覧ください。→ 6月9日「古代史研究会(第3回)」DVD

DVDのご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→
TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026
携帯: 090-5804-5078
E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp