講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

G20を前にしてアメリカ(ネオコン)の謀略破綻が、全世界に広がる。

韓国の中央日報が、3月末の哨戒艦「天安」の爆発事故について、
キューバのカストロの談話を掲載しています。
・・・・・・・・・・・・以下、転載・・・・・・・
フィデル・カストロ・キューバ国家評議会前議長が、
「天安(チョンアン)艦は米国海軍が撃沈させた」という’陰謀説’を提起した。
カストロ氏はキューバ共産党中央委員会機関紙「グランマ」に寄稿した「帝国と嘘」で
このように主張し、米国の「冷笑と良心欠乏」を猛非難したと6日、伝えられた。
カストロ氏は3日(現地時間)付の寄稿で、「天安」事件の背後に米海軍特殊部隊ネービー室を
取り上げた。カストロ氏はベネズエラテレビ、米国インターネット新聞などの報道を根拠に挙げた。
カストロ氏は「米国が韓半島の緊張を高めさせるためにこうした問題を起こした」とし、
「鳩山由紀夫元日本首相が推進してきた沖縄の米海兵隊基地移設を防ぐのが重要な目的の一つ
だった」と主張した。続いて「鳩山首相は天安事件をめぐる緊張が米国基地移設計画を撤回した
重要な理由の一つだったことを認めた」と付け加えた。
またカストロ氏は「中国も米海軍の介入を疑っている」とし「国連安全保障理事会議で北朝鮮
制裁決議案に拒否権を行使するものと確信している」と述べた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
真相は、その本当の狙いが沖縄の在日米軍の移転阻止ではなく、もっと別にあるというのが私の
理解です。アメリカに残存するネオコン勢力が、イランと中国・北朝鮮をリンクさせるために、
北朝鮮の船がイランに高濃度ウランを運んでいるという話をでっち上げ、その情報を韓国に流し、
これを知った韓国哨戒艦がその船を拿捕しようとしたところ、何者かが魚雷を発射して爆破させ
たもの。
 今回の事件は、政治的に表面は、北朝鮮を下手人とする話で日米韓がまとまっているものの、
ここでカストロがこの発言。事態は、またまた動いていきます。
 6月13日(日)の、京都のジャパネスクで、話します。

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。