講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

「自民党とメディアは、原発再稼動が、さもアメリカの要請であるかのように装ってきましたが、実は安倍政権の半ば独断なのです。彼らは、ありもしないアメリカからの”幻の”外圧を利用して核武装を進めようとしています。」byカレードスコープ。

以下、必見です。

http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2658.html

潮目の変化を読めない安倍政権は、いよいよ世界の孤児に

内部被曝の第二段階へ ストロンチウム90からの防護

東電が1月28日に発表した「1~4号機原子炉建屋からの追加的放出量評価結果 平成26年1月評価分」によれば、毎時1000万ベクレルの放射性物質(セシウム137、セシウム134合算)が放出されている、ということです。日量2億4000万ベクレルです。

今後もっとも私たちの健康にダメージを与えることになるストロンチウム90、プルトニウム239など他の核種は「計測が難しい」という理由を使って公表されていません。これらの核種の分は2億4000万ベクレルには含まれていないのです。

事実は、あえて計測しないのです。
なぜなら、ストロンチウム90の本当の恐ろしさに人々が気がついてしまうと困るからです。

セシウム137、セシウム134だけで毎時1000万ベクレル、日量2億4000万ベクレルという数字は、かれこれ1年近く変わっていません
では、日量2億4000万ベクレルで、しばらく定着するのだろうかと私たちは考えます。
でも、それは「お人好し」です。

みなさんは、今まで何十回となく東電と政府の発表に騙されてきたはず。だから、セシウム137、セシウム134だけで日量2億4000万ベクレルという世界一犯罪的な企業が出す数字を疑う権利があるのです。

この数字を信じていいのは、海外に家族ともども逃げてしまった事故当時の東電の責任者たちを呼び寄せて、しかるべき責任を取らせてからの話です。

私は、この(セシウム137、セシウム134だけで)2億4000万ベクレルという数字など、ちゃんちゃらおかしくって信じることができません。

特に、東電と日本政府が出してきた3.11直後の初期被曝についての情報は、海外の放射線の専門家でさえも信じていない人が多いのです。
嘘をつくために生まれてきたような人たちが、どんな情報を出したところで、「信じろ」というほうが無理な話です。

これから何十年もの間、東北はもとより、関東の人々もそれと同等の“うっすら内部被曝”を続けていくのです。
食事に最大限の注意を払っている人なら、それは主に呼気からです。

ところが、驚いたことに、その恐怖に耐えられなくなったのか、低線量被曝をあざわらう人たちが出てきました。

それらの人々は、“認知的不協和”病に罹ってしまった人々です。まことにお気の毒な方々でいらっしゃいますね。 

 
・・・・・・・・・・・・・
 (これより下の部分が、うまく、アップできませんが、極めて重要な内容です。 続きを、次に上げます。)

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。