【お知らせ】今週末(9月19日)は『皆神塾(東京)』開催です!!

 2015919()に皆神塾を開催させていただきますので、ご案内させていただきます。お知り合いとお誘いあわせの上ご来場いただければ幸いです。ご参考までに「案内状」を添付させていただきます。→150919_皆神塾_案内状_Final.pdf

会場のお席の関係から、参加を希望される方は、出来るだけ事前に末尾の連絡先まで、ご連絡ください。

 

日時:           2015919 ()  14時~16  (その後約1時間程度質疑応答)

                 (注)開場は1330分です。

 

場所:         東京都豊島区南池袋1-19-12   山の手ビル東館8F  TEL090-5804-5078 (室伏)      (注)会場までの道順については、次のリンクから地図をご覧ください。→ 150919_地図_池袋.pdf

 

最寄り駅:

JR山手線 池袋駅 東口 徒歩5

有楽町線 池袋駅 35番出口 徒歩3

丸ノ内線 池袋駅 35番出口 徒歩3

JR湘南新宿ライン 池袋駅 東口 徒歩5 

 

会費:         3500            (注)瓊音倶楽部会員の方は2500円となります。

 

テーマ:『消えるカゴメの籠。日本が地球大の「ヤマト」の自覚するとき。ヨベル年はいつか?』

 

「稲の根本に鎌をあてがう」で始まった2015年も、クライマックスに向かっています。

新国立競技場の建設案とオリンピックエンブレムが撤回に。戦争屋が造ったISISは、シリアを制圧できず、アベノミクスはFRBと米ドルを支えてきたが、国内経済に効用がなかった。そして、AIIBの幹事国になる予定の中国でも、政争が続き、国内経済が壊れだした。

 

明治維新で日本の中心になった東京を、古代イスラエルからの国創りの最終点《SION》する。この目標は、「金融ワンワールド」が主体で、株価と地価の維持で、世界の金融資産を維持したまま、この実現可能か? フクシマは、まだ石棺はされていない。デブリの取り出しもめどが立たないが、世界中は、この問題を認識している。希望が見えない。

 

第二次大戦後、戦争屋の道具だったイスラエルと日本では今、真の平和希求者が主導権をもつ状況へと切り替わる最中にある。ダビデから始皇帝、日本列島での天皇誕生、そして、ヒロヒトの思い。本当の「YAMATO」は、マネーの略奪性を抑えこみ、育成性を引き出す。

アメリカに代わって、日本の軍事力を増大化させる思惑が、どうなるか、今が、正念場。  イノチを根底から壊す放射能を国際政治が自覚する時、全てが変わるか、それはいつか?「政治」は経済成長をいいながら、人口を減らす方向に人類文明は動き、この中で各自に、強烈な主体者としての自覚を促す。

 

放射能を認めたら、自分たちが安住してきた明治の国家体制と、戦後の戦争屋とその仲間たちのマネー収奪システムが根こそぎ壊れる。安保法案は、日本国でのアメリカの牙を抜こうとしているが、放射能を生み出した体制を根底から変える決意を示さないかぎり、 日本では、新規の繁栄が生まれない。抵抗はまだまだ、続く。 

 

まずは、殺し合いを拒否し、その先にマネ-支配をも拒否する、イノチの反撃が始まる。

全ての債権債務をゼロにするユダヤ教の「ヨベルの教え」はアベノミクスに支えられた、日米の金融システムに発動されるのか? 

21世紀の真の「メシア」とは何か? ここを見据えて、時代の真相を研究します。

 

会場のお席の関係から、参加ご希望の方は出来るだけ事前に次の連絡先までご連絡ください。 

連絡先:          株式会社K2        室伏昭昌

                     事務所:   03-3548-1025  携帯: 090-5804-5078   FAX03-3548-1026

                     E-mail   akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

尚、次のリンクから申込書をプリントしてFAXでお送りいただいても結構です。150919_皆神塾・東京_参加申込書_FAX用紙.pdf                   東京都中央区八重洲1-6-14 ISO八重洲3F        

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O