4月9,10,11日と、あまりに凝縮した日々でした。結論:「ユズルハ」が現実に始まった。

  こんにちは。 だいぶ書き込みを開けてしまいました。

私の人生の中でも、本当に重大な時間を過ごしたので、

頭(こころ)と身体(エネルギー)の整理に、時間がかかりました。

何があったか、簡単に時系列に、書いておきます。

 8日夜に、未来創庵に、キルギスの二人を含め3人が到着。

 9日は朝一で、4人で角間温泉に向かいましたが、年に一度の施設管理日で休みで、

  4人で、中野市のポンポコの湯に行きました。

 そして、昼には、「りんごで育った信州牛」のスキヤキを食べました。

  この店は、日曜日は休みなので、土曜しか食べれない。

 そして、斑尾高原で、ペンション・ブーワンによって、野尻湖側に下って、上越の高田に。

 会場の和装学院の到着は3時になりましたが、

  そこで、すぐに、三味線の白井勝文さんと合流。

  少し、オープンカーに乗って、桜を楽しんだ後、4時から、私の講演

  7時から、白井さんの演奏

  8時から、夜桜。・・・これ、本当に、来てよかった。

 10時に、高田を発って、未来創庵に戻るのですが、

 このとき、

 一人のお客様が、信州中野に 来られたので、迎えました。

 そして、未明の午前3時まで、ワイワイ。

 ここでは、「三島由紀夫の最期の真実」(豊饒の海)の話題で、特に盛り上がりました。

10日は、午前中は、みんなで馬曲温泉。 龍興寺で湧き水を汲み、

 昼は、須賀川そばを、竜王荘で食べた後、中野市博物館へ。

  (この段階で、一部は、小布施で究極のモンブランを食べて帰途に)

 博物館では、石器時代からの展示物(ナウマン象の臼歯、縄文土器、栗林遺跡、柳沢遺跡の出土物、など)のほか、チョウゲンボウの生息地の解説を確認し、 

 その後は、サンクゼールで景色を見ながらコーヒー。

 このあとに、キルギス人ら3人を高速バスの始発の柳原にまで送りました。

私は、客人と一緒に、御柱が行われている下諏訪に向かい、

 11日、その客人を上田まで送くる。

 その途中、桜並木を走っている時、サリバンくんから電話が入り、信州中野ICで合流し、

 再び、サンクゼールで。 ここでは、秋のイベントの打ち合わせ。

さて、私の中で、どんなことが、このとき、起きていたのか?

今回、7日の夜の段階で、ビッグニュースが入っており、とにかく、以後の事態の展開が早すぎました。

1つずつ、丁寧に解説スべきなのでしょうが、どれも意味が深く重いもので、しかも、誤解を招きやすいので、

お会いしたときに、説明します。

 

 簡単に言うと、 

 「巻き込まれながら、巻き込み返す」、その日本発の「巻き込み返し」の中心の登場が、

 今、世界人類から求められているということ。

 その中心の本質が、音・響きであるということ。

 

 最初に個体生命ができた時の「生命律動」を、復活させれば(ここに、ミネラルと弦楽器が関わる)、

 心身から「文明の垢」 が篩い落ち、個々の個体生命がもつ本来の生命力がどんどん湧き(受信能力が回復し)、

 もう、時代に合わなくなった、人体での細胞も、人間社会の体制も、生まれ変わっていくこと。

 

 日本発の人類史的変革は、「易姓革命」ではなく、また、「万世一系」という統治概念なども全て吹き飛んで、

 すべての生命と共振・融和する、人類社会の新たな「新生の芽」となって出てくること。

 それが、始まったということ。 それが、「ユズルハ」 である ということ。

 この3日間に、私の周りに起きたことを忘れないようにするために、ここに書きとめておきます。

 (ちょうどこの時期はパナマ文書の解明がどんどん進んでいる時で、10、11日は、広島にG7の外相が集まっていましたね。その前、6日にはウルグアイのムヒカ元大統領が、私の母校の東京外語大で講演しました。)

 

 23日(土)に東中野で行われるJESでの講演会 『希望への羅針盤3』 では、

今進行する、人類文明の変化=「羽化」の現実の様相を、きちんと解説できると思います。

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O