8日が満月ですね。「花鳥風月」

 今週末の関西・九州は、 日本の「新しい希望」を話します。
 もちろん、これまでの、自分の生きている環境を壊してまで、
 工業生産したり、ゼニをおうことはありません。
 まして、財布の中身がどんどん豊かになっても、
 自分のすぐ周囲に殺戮が広がっていったら、
 それは、生きている意味がありません。
 花鳥風月 を愛でる。
 美しい人間、 特に美しい生き方の人間を称える。
 
 これがないと、この世は、 つまりません。
 日本文化を考えるとき、
  中国で、周代に通貨ができても、
      日本列島では、なかなか広まらなかった。
     始皇帝から 約1000年かかっています。
 また、 仏教についても、これが、すぐには伝わらない。
    最初、仏教は、農民から、勤労意欲を奪い、しかも兵役を嫌がるとして、
    中国でも、抵抗がありました。
    大乗仏教の「妙法蓮華教」が、漢文に訳されてからも、
    中国では、道教とで、大いに、争いがありました。
 日本仏教が入るとき、 実は、仏教それ自体が変化しています。
 その変化させる力は、何か?
 取捨選択 と 新たな意味づけ。
 そこには、 自分を取り囲む、 『イノチ』 との関係がありました。
 この辺は、またあとで。

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。