安倍晋三よ、国家権力で纏めた「つぎはぎ」の70周年談話が本心なら、9月3日に中国・韓国・北朝鮮に頭を下げよ。

この談話は、誰に向けてなされたものか?

 普通の日本国民? 

 自分自身が、これまで三菱など戦争屋の代理人として、中国との戦いに向かおうとしていた姿勢を、すべてかなぐり捨てた内容だ。

 結果として、お仲間の右翼陣営 へは、もうこの辺でやめよう、

 そして、 いつまでも、謝罪と賠償を求める人間 には、終わりにしようと。

 有識者懇談会での見事な継ぎ接ぎの文章。

 「原稿よみ」が、首相の仕事と思っている人間だから、いざとなれば、なんでも、読める。

 

 歴代首相に、安保法制での立憲主義放棄になる姿勢が咎められ、特に、日本フリーメーソントップの中曽根大勲位にまで諌められた。

 一方、この直前に、 鳩山友起夫(由紀夫)氏は、韓国に行って土下座して、感情を鎮めた。

 談話の前日には、なぜか、中国天津で、「事故?」での「大爆発」が起きた。 

今、人類には、東アジアに、どうしても和解と平和を実現し、それを、未来に向けて、固定化しなければならない事情がある。

 その最大の理由は、 もちろん、 福島のむき出しのi放射能。 デブリ。 放射性水蒸気。 

 もはや、日米の戦争屋どもも、放射能での人類絶滅の危機を前にして、沈黙・束縛・行動制限させられる。

 これは、人類の管理者からの強権出動。 

今回の談話に、安倍個人の本心が、どこまで込められているのか? 

 首相でいたければ、イノチが惜しければ、これを読め、と 言われた?

 2年前、戦車や戦闘機に喜んで乗って、アホヅラ 晒しまくっていたいた時とは、全く、別人の晋三くん。 

 「恩讐を越えて」のフレーズは、安倍に2013年年末、靖国の鎮霊社を参らせた人物の信念と使命感の現れ。

安倍晋三よ、

 祖父を越えたければ、9月3日(抗日戦勝記念日)に、堂々と中国にいって、満州事変からの日本国の大陸侵攻の過去をわび、尖閣や竹島の、戦後の日本国家としての領有権の主張を取り下げて、未来に向けて平和の基地にすると言ってみろ。

 「不戦の誓い」をいうのなら、沖縄のアメリカ軍事施設を、一気に、平和利用に変更せよ。

 そして、日本民族がいつから始まったのか、明確にせよ。

 百済(660)・高句麗(668)滅亡後の670年に、新羅が唐の勢力を半島から追い出した時に、一体、日本とどんな関係があったのか、きちんと勉強せよ。 

 ここまでやらないと、東アジアに真の平和は来ないぞ。 放射能地獄の解決策も、きちんと活かされない。

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

6月9日開催『皆神塾(東京)』DVDの内容紹介ビデオ

6月9日に開催した『古代史研究会(第3回)』DVDの内容紹介ビデオができました!
20分のビデオですが、新井先生が、講演内容の概略を説明されています。
皆神塾にご来場いただいた方はご存じですが、講演会自体は2時間46分(166分)ですから、もちろんこれ以外のお話も盛りだくさんです!!

現在、このDVDをキャンペーン価格で販売中です。DVDの内容などの詳細については、次のリンクからご覧ください。→ 6月9日「古代史研究会(第3回)」DVD

DVDのご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→
TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026
携帯: 090-5804-5078
E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp