【ご連絡】明日(10月24日)の『皆神塾』のレジメが出来ました!!

明日、10月24日、開催予定の『皆神塾(東京)』のレジメが出来上がりましたので、ご案内させて頂きます!!
まだ、お席もございますので、ぜひ、ご来場いただき、新井先生の話を聞くとともに、これからの未来について語り合いましょう!!

新型コロナの影響で、昨年3月から皆神塾開催にあたっては、お客様をお呼びすることが難しくなり、ZOOMを使って開催し、今年1月から客様をお呼びしての皆神塾を再開させて頂きました。緊急事態宣言下で開催したこともありますが、今回はどうなるでしょうか?
会議室側からの要請などもあり、以下、ご説明させて頂くように、新型コロナの感染対策をとったうえでの開催となります。
後段にて別途ご案内させて頂きますが、参加される方にも感染対策のためにお願いすることもございますが、ご理解の上、ご参加をお願いできたらと思います。

<テーマ>: 『4年ぶり総選挙・・・コロナ・ワクチンに続き、利権マフィアの「奥の手」発覚。 日本人理性を愚鈍にした「アマテラス神話」という「曇りガラス」が破裂する。』

<レジメ>:

1) 総選挙が始まっている。 この中で小室氏帰国とDAPPI問題(自民の裏資金)。
菅政権の戦略的終了と、岸田内閣の成立はどこからの意志か?
3Aと二階氏。 背後に米中対立と台湾問題。 軍事は表面、金融対話はリアル。
深層に洪門の思惑(東アジア一体化。 日本の天皇制度解体と世界ヤマト化へ)。

2) 眞子さん御結婚は、皇室・宮内庁の利権解体の仕掛け。 個人の尊厳は普遍的。
宮内庁暗雲:皇室典範改正(女系天皇)拒否から、悠仁誕生と特殊資金。
日本人は「神武の血統の大家族」という幻想・呪縛が純粋理性を封じてきた。

3) 金融ワンワールド最終章、日本DSが今、浄化。 (麻薬コネクション青幇整理).
1930年BIS成立(国際決済銀行)と満州事変・満州建国。 阪田機関と731部隊。
岩田機関と黄金証書とFRBの金塊、1936年二二六と西安事件。 香港三合会。
コロナとワクチンでトランス・ヒューマノイド。 完全デクラスで管理マネー。

4) 列島民(東夷)は大宝律令と武則天「日本国」承認以来、特殊空間(カゴメ)に日本語で  安住し、純粋理性を育めなかった。 国家(統治体、文化体)認識は常に律令理性の中。
思考の前に先に「お上」という「曇りガラス」。 明治以後、「曇り」は濃さを増し権威と利権を構成。 メディアも掴んだ利権の奴隷になった。

5) 日本国の権威とは?  人類世界の現実でのリアルな「闘争」を見てきたか?
・いつから、日本が世界の中心(中華)だという意識が生まれたか?
・中華「冊封」で「易姓革命」の轍を学び、「万世一系」を創り出した不比等
・パーフェクト・エンペラー康熙帝に対する嫉妬・競争心から光圀が変心した。
・藤原戦略は、国家近代化で、西欧悪魔と組んだ。 その清算が始まっている。
・「神聖不可侵」の体制が、列島民の純粋理性の育成を拒み続けた。 「曇りガラス」

6) 「中華」近代:孫文→分裂(私有財産問題)→毛沢東VS蒋介石。 ここに青幇。
国共合作への動き1992年。 天安門事件(1989)と、南巡講話・平成天皇訪中。

7) 1940年体制(国家総動員と経団連)とブレトンウッズ体制(米ドル基軸)が国内利権を強化し、原発と医療が改変を拒否。 半島系(清話会)が入り、恐怖で脅した。
トランプ宇宙軍と特殊部隊が自民党政治の暗部崩壊のマスター・キーを引いた。

8) 岸田内閣は、清算ができるか? どこまで、できるか?
今の陣容は、経産省原発マフィア。 彼らは、世界と日本の真実を見ているか?
トヨタと、日本のエネルギー。 新規の芽を常に摘んでいる人たち。
列島の構造変革に、大破壊が必要と、世界側が判断するのか?

<開催要領>:  

開催日:10月24日(日): <東京で開催> 
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
TEL:090-5804-5078 (室伏)
時間: 14時~17時  (終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
地図→ 211024_地図_湯島白川ビル_3階
最寄り駅:千代田線 湯島駅(4番出口) 徒歩1分
JR山手線 御徒町駅(北口) 徒歩5分
大江戸線 上野御徒町駅(A4出口) 徒歩3分
銀座線 上野広小路駅(A4出口) 徒歩3分
参加費: 3500円
(注1)瓊音倶楽部会員の方は2500円となります。
次のリンクから、「申込用紙をプリントして、FAXでお申し込みいただいても結構です。
→  211024_ 皆神塾・東京_参加申込書_FAX用紙

<コロナ感染対策>:

「コロナ感染対策」として、以下のような措置を取らせて頂きます。
・『3密』(密集・密接・密閉)の回避に努める。
・利用人数については、会場の最大利用可能人数の半分以下とする。
(着席時の席の間隔をできるだけ2m、もしくは1席空ける。)
・参加者の氏名及び緊急連絡先を記載した名簿を作成しておくこと。(場合によっては、保健所等の公的機関に提供される可能性がありますことご理解ください。)
・参加される方は、講演会開催中はマスクの着用、咳エチケットの励行をお願いいたします。
・会場の扉や窓を随時開放し、エアコン稼働中であっても換気に努めます。
・参加者の方は、大声での発声、対面し、近接した距離での会話は控えて頂くようお願いいたします。
・参加される方は、手洗いや手指消毒の徹底をお願いいたします。

その他何かご不明なことなどございましたら、ご遠慮なく上記の室伏(携帯:090-5804-5078)
あるいは株式会社K2O(TEL:03-6284-4312 FAXは03-6284-4313)までご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

<9月26日開催『皆神塾』DVDも好評販売中ですので、是非、ご覧ください!!>:

9月26日開催『皆神塾』DVDも好評販売中ですので、是非、ご覧ください!!
詳細は次のリンクからご覧ください!!→ 皆神塾(9月26日開催)のご案内

<連絡先>:

株式会社K2O
東京都台東区上野3-18-4 エムズ上野スクエア7B 〒110-0005
TEL:03-6284-4312 FAX:03-6284-4313 Mobile:090-5804-5078
URL: https://www.k2o.co.jp
E-Mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O