ネットの声:ところが、日本人というのは、ある時点で一気に「空気」が変わるんだよ 事前に綿密に用意されたクーデターとか革命とか大袈裟な話じゃなく、 ある時点で「右へ倣え」が「左へ倣え」で手のひら返しが生じて一気に右を叩く 悪びれることなく、自然な感情でw でも不自然さの醸成がないと反転できないという罠 いまその反転が生じている稀有な瞬間で良いGWを過ごせるぞ、これはw

何のことかわかりますね。掲題は、以下のコメントに対する補足の説明でした。

>321名無しさん@1周年2019/04/29(月) 01:39:05.90ID:8dVZdoZD0>>343>>382
この事故の何がおかしいってニュースキャスターや解説やコメンテーターが みんな右に倣えで気持ち悪いんだよ
森家計問題や日大問題、大相撲問題体操問題アマチュアボクシング問題は
色んな意見が飛び交ってたがこの池袋事故問題はだれも疑問を投げかける事なく
すぐ高齢者ドライバー問題へ論点ずらし
高齢ドライバー問題は別で議論すればいい
弁護士が色々解説してるけどどう見ても不自然である
逮捕していればこんな騒ぎにならないんだよ

…他にいろいろな意見も。叙勲している、日本工業界のトップが起こしたプリウス運転での池袋殺人事故。明治以来の「慣例」で、警察司法メディアで一斉に庇うものだから、戦後の日本国内の権力構造の闇がどんどん暴かれる。「忖度」体質が逆に、連休中のネット民による本質暴きになってしまったね。この爺さん、原発も絡んでいるし、もちろん、未来工学研究所なんか、その末端。エネルギー革命を阻止しているグループの頂点でもあるのしょう。
日本の社会構造の最奥部に光が入り、いよいよこの国家の「権威」と「権力」の実態が誰の眼にも分かるようになった。彼らにとっての希望の星、最後の守り神となっているのが、戦後、アメリカが巣鴨からひきだした「昭和の妖怪」の三代目。あの「天皇を創った一族」の末裔で、リニアモーター原理開発者のイカヅチが、かならず総理にするとビッグママに約束した「運命の子」。
トランプは、その「運命の子」がこうした日本経済界の人間たちの集合意識の下僕にすぎないとわかって、赤絨毯を踏ませなかったわけか。
http://blog.livedoor.jp/korban/archives/1074580408.html 
…これ、韓国が喜んでいる。一方、中国は、旭日旗に何の反応も示さないけどね。

その上で、トランプは「お代替わり」したGW明けに、また、マネーを毟りに列島新時代の最初の賓客として、日本に来る。ニュートンから始まった、近代フリーメーソンたちが造った人造国家アメリカのボス。戦後の日本は、その特別行政自治区で、しかもアメリカ本社(ワシントン)を支える支社だった。その支社が、喜んで社畜になる列島民にメディアでウソを言い続けて誘導し、役人の給与を大会社の水準に合わせながら、全ての公共事業で会計管理を好き放題やって、国会の決算もおざなりだった。しかも、政治と密着した高給取りの大企業では給与水準を守るのが優先で、全然、イノベーションもできなくなった。一度できた体制のなかで役人たちが「国家の御用」を掲げて、まず国家マネーを自分たちに回すことを優先し、天下り先になる企業に事業費用としてお手盛りマネーを配っていた。
だから、アメリカ本社にすれば、こうした体制の支社からは、もう、取るだけとったら、あとは捨てるしかないと考えているのか。東芝やシャープや日立みたいに国家ごと(実際は支社ごと)どこかに買わせて、その後に、埋もれた人材と技術を再生成させるというわけね。

本当に日本国の行く末考えてみると、もう、すべての官僚機構と公務員を一旦全て解雇するような事態になるかもね。すこしでも汚職に連座していたら懲戒解雇。彼らには、高齢者やハンディキャップなど公共性のあるワークに労働奉仕させることになりますね。その上で、国家の事業をすべて見直して、中央省庁でも、地方の人口5万人程度の市町村なみの給与(平均4~500万円)でも喜んで働く、現場をよく知る、志のある人間を集めればいい。汚職役人は当然、全部、懲戒解雇。国家それ自体の再生だ。ギリギリの生活費でも、志のある人間は働くよ。この場合、新規に相当多くの福祉サービスが充実するし、贅沢しなければ、十分、生きていけますね。当然、「上級」を要求する人間はすべての公共事業から外さないとダメでしょ。彼らは自分のコストパフォーマンスを考えたことがない。しかも、頭が旧いし堅いから。身分と役得しか考えず、これまで担当部署の仲間と連絡し、自分たちの給与(取り分)を釣り上げる事しかやらなかったし、それ以外の発想がないから。

まあ、だれかさんが言っていたけど、この事件が開けたのは、まさに、

>パンドラの箱だね

>358名無しさん@1周年2019/04/29(月) 01:41:55.58ID:qBs/3Bsl0
どこのアホが言いだした言葉か知らないが、既得権者をさして上級国民という言い方はやめましょう。
自虐のつもりなんだろうが、自分とは違う次元にいる人達だという間違った認識が固着し、格差が固定化する原因になるから。
もっと軽蔑した呼称を使わないと。
昔よく言われた「勝ち組負け組」みたいに格差意識が当たり前にあるものとして固着される。

老人にも車に乗ってほしい車メーカーと、
そこから献金を受けている政治家に怒りをぶつけないと何も変わらん。
なのに事故を起こしてしまった老人個人に怒りを持って行ってるお前ら、
まんまと企業と政府に操られている。
ほんとお前らって愚かで自浄作用が生まれないね。
こんな愚かな君たちばかりなら、これからもどんどん車運転する老人が増えるままだよ。

交通事故で年間何千人も無くなっていて、他の老人だって加害者になっている。
なぜこの人だけを執拗に叩くのか分からない。この人叩いても何もかわらない。
本当の原因は、車会社と政府が金のために老人でも運転できるようにしていることなのに。
そいう規制をしたくないから、彼らは事故を起こした人個人の問題にすり替えて、おまえらを誘導しているのに

・・・まだまだありますが、これは本当に幕開けにすぎません。
皇室については、まずは、無事に「令和」時代が始まることを祈ります。
バチカンではフランシスコが最後のローマ法王になるように、「日出づる国」では・・・になるのかな。スメラミコトがどうなるかわからないけど、島国「アメノコヤネ」の覆いは、もう消え去った。これだけは言える。

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明点なてんがございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。