米国大使館は4月3日、日本滞在中の米国人に離日を求める建康アラートを出した。真意はそれだけか?

これ大変な情報です。 以下の日本文はグーグル翻訳。

日付:2020年4月3日
日本では、COVID-19症例が大幅に増加しています。 過去72時間で、全国で650人以上が陽性反応を示しており、1日あたり約200例の増加です。 4月2日、日本ではウイルスの発生以来、症例数が最大に増加しました。 全国のますます多くの医療および政治指導者が事件の急増が差し迫っていることへの懸念を表明しています。 米国大使館のシャルジェダフェールジョーヤング氏は、COVID-19の世界的な広がりを踏まえて、4月2日、日本の米国市民にビデオメッセージを発行しました。

米国市民が米国に戻ることを希望する場合、彼らはすぐにそうするように手配する必要があります。米国に居住しているが、現在日本にいる米国市民は、無期限に海外に留まる準備ができている場合を除き、米国への即時帰国を手配する必要があります。日本の医療制度の能力
米国とヨーロッパの陽性例と入院の数と比較して、日本で報告されたCOVID-19の数は比較的低いままです。広くテストしないという日本政府の決定は、COVID-19有病率を正確に評価することを困難にします。私たちの外交使節団は、米国アトランタの疾病予防管理センターと連絡を取り、東京、大阪、名古屋、福岡、札幌、那覇などの他の場所における日本の医療制度の能力を注意深く監視し続けています。今日の日本の医療システムには自信がありますが、COVID-19のケースが大幅に増加すると、システムが今後数週間でどのように機能するかを予測することが難しくなります。症例が急増した場合、既往症のある米国市民は、COVID-19の大流行以前に、日本で慣れ親しんだ医療を受けられない可能性があります。

国境対策
日本は、米国を含む感染症の懸念のために外務省が「レベル3」と指定した国を最近訪れた旅行者の入場を禁止しています。アメリカからの旅行者は日本に入国することができず、飛行機に乗ることはできません。詳細と免除については、以下を参照してください。
日本政府観光局のウェブサイト。
2020年4月3日の法務省の文書で、「特別な例外的な状況」と、日本に永住する外国人または日本人の近親者である外国人に適用される特定の規則について説明しています。
国境管理の強化とC​​OVID-19により導入されたビザ制限に関する日本の外務省のWebサイト。
国際線の減少
4月3日の時点で、日本から米国へのCOVID-19以前の飛行能力の11%のみが稼働しています。次に何が起こるかを予測することはできませんが、日本の入国規制により、中期的には空の可用性がさらに低下すると想定して差し支えありません。現在の危機の憂慮すべき現実の1つは、米国へのフライトの減少が、家族の緊急事態のために米国にタイムリーに戻ることを意味し、さらに困難または不可能にさえなる可能性があるということです。
米国への帰国を検討している米国市民は、限られた商用便がまだ利用できる間、旅行の手配をするために航空会社と協力することを強くお勧めします。顧客の需要の減少により、米国と日本の商用航空ネットワークは減少し続けています。現在日本に滞在して米国への帰還戦を求めている旅行者は、フライトのスケジュール変更やキャンセルの可能性について、航空会社にただちに相談してください。
現時点では、日本の当局は、東京の成田空港または羽田空港を入国審査を通過せずに通過する乗客は、他の国の次の目的地に進むことを引き続き許可されるとアドバイスしています。乗客は空港間を通過したり、国際線から国内線に乗り換えることはできません。
日本政府観光局は、旅行者のスクリーニングおよび検疫措置に関する最新情報を保持しています。また、英語で利用できる24時間年中無休のビジターホットラインを運営しています。日本からの電話:050-3816-2787;海外から:+ 81-50-3816-2787。

国際線の減少
4月3日の時点で、日本から米国へのCOVID-19以前の飛行能力の11%のみが稼働しています。次に何が起こるかを予測することはできませんが、日本の入国規制により、中期的には空の可用性がさらに低下すると想定して差し支えありません。現在の危機の憂慮すべき現実の1つは、米国へのフライトの減少が、家族の緊急事態のために米国にタイムリーに戻ることを意味し、さらに困難または不可能にさえなる可能性があるということです。
米国への帰国を検討している米国市民は、限られた商用便がまだ利用できる間、旅行の手配をするために航空会社と協力することを強くお勧めします。顧客の需要の減少により、米国と日本の商用航空ネットワークは減少し続けています。現在日本に滞在して米国への帰還戦を求めている旅行者は、フライトのスケジュール変更やキャンセルの可能性について、航空会社にただちに相談してください。
現時点では、日本の当局は、東京の成田空港または羽田空港を入国審査を通過せずに通過する乗客は、他の国の次の目的地に進むことを引き続き許可されるとアドバイスしています。乗客は空港間を通過したり、国際線から国内線に乗り換えることはできません。
日本政府観光局は、旅行者のスクリーニングおよび検疫措置に関する最新情報を保持しています。また、英語で利用できる24時間年中無休のビジターホットラインを運営しています。日本からの電話:050-3816-2787;海外から:+ 81-50-3816-2787。

・・・これは建康アラートですが、単にウィルス対策だけのことではないでしょう. 今、米軍の精鋭部隊2700人が首都圏で「活躍中」なのです。

日本に立て込んでいるカバルの本格掃討作戦の最後は、大きなドラマの演出になるのかもしれません。その時期と内容は?今日検討します。

【ご案内】『皆神塾(東京)』(12月14日)のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!!

DVDキャンペーン

12月14日に「東京」で開催した新井信介講演会『皆神塾(東京)』のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!!

<テーマ>:『行き過ぎた「予定調和」がもたらした悲劇を消せ!!』

<総論>:

◎Qたちの最終仕上げ。 NHK東京直下地震を特集。 処理のスタートは2012年冬至
◎悪魔の本拠は、「独善をいう概念」。キリスト教と、国家神道。フランシスコの引導
◎金融ワンワールドは、資本主義を卒業する。合成覇権通貨への準備
◎マネーの本質を洗い直し、「国家」と「市場」と、「心を動かすエネルギー」と
◎安倍晋三とその背景を徹底的に列島民と世界に知らしめる。 年明け「処分スタート」
◎準備を始めたユニバーサルチャイナ。 秦河勝とリニアの行方。 白山の泰澄 川勝知事と王毅外相

最大の犠牲者は、「自分の幸福を、マネーで、社会階層の中に見つけようとしたこと」
金融ワンワールドは、列島民がマネーを単なる道具と自覚するまで、「演出」をつづける
マネーでの金融破綻は起こさない。「持てる者」の意識をとことん変えさせる
どうなるソフトバンク?
要注意日は?2月11日。その前に、衆議院選挙はあるか? 地震は?

販売価格は、通常価格6000円のところを、2020年1月末までにご購入の方は、キャンペーン価格の「4000円」(瓊音倶楽部会の方は、「2000円」)でご提供します。
尚、恐縮ですが、別途送料380円を頂戴します。 (注)10月からは消費増税となりましたが、DVDの価格はそのままで、従来と同じ「4000円」で販売させて頂きます。ただ、送料については「380円」に変更させて頂きました。

全編で、2時間41分(161分)です。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp
弊社HPの「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。
次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→ 「皆神塾(東京)」DVD(12月14日開催)
「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。》

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。