村田光平先生メッセージ「波乱含みの東京五輪」。食べ物は大丈夫か?

以下に転載します。
皆様

原子力緊急事態宣言下で開催される東京五輪にたいする国際社会の懸念は強まりつつあります。五輪そのものに反対する動きも表面化しております。

東京五輪2020まで1年と迫った7月23日、五輪反対運動を展開している世界の活動家が外国人特派員協会で記者会見を開き、五輪は中止すべきだと訴えました。会見に出席したのは、米国のサッカー五輪代表選手で、「オリンピック秘史〜120年の覇権と利権」を執筆した政治学者・ジュールズ・ボイコフ パシフィック大学教授 他3名です。

http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/2414

東京五輪は欧州での反対デモも年内に行われることが取り沙汰されるなど益々波乱含みです。
特に、南海トラフと首都直下地震など巨大地震の可能性は深刻な不安要因です。

村田光平
(元駐スイス大使)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(新井のコメント)
日本のマスコミは全く報道していませんが、日本の農業政策では、単に放射能基準が緩いだけでなく、実は、除草剤などの農薬に加え、硝酸体窒素という重大問題があります。日本政府と経済界は、強引に、「問題ない」を日本国民に向けて押し通しています。この姿を、海外は、世界はどうみてるのでしょうか?実は、今、欧米ロなど海外の方が、健康と食品基準について、どんどん、厳しい基準を作り、それを守っているのです。あの中国も「一帯一路」の名手として、食品の安全性を厳しくしています。

 現状では、オリンピック選手村に、どんな食材を持ち込むのか、各国では、ここでは厳しい選定が始まっています。日本の政官財は、一年後のオリンピック開催とその成功を、「必達」を合言葉にして、その作業に動員される人間のイノチを、自分たちにとっての都合のいい「駒」にしか扱ってこなかった。それが、今の日本社会。特に、大企業・ゼネコンの体質です。それが、これからますます海外から厳しく見られます。
「生産性がない」とか言って、平気で弱者を切り捨てきた、列島版の悪魔の正体を、これから私たちは見ることになるでしょう。そして、自分たちの悪行。性悪が世界に晒されるとき、このバカどもの中枢部は、不都合を隠し通すために、列島民に、一体、何を仕掛けるか分りません。
 

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

『皆神塾(東京)』(10月20日開催)のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!!

10月20日に「東京」で開催した新井信介講演会『皆神塾(東京)』のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!! 今回の講演はよく整理され非常にわかりやすい内容で、必見です!! 是非、キャンペーン中にご購入の上、ご覧ください!! 超おすすめDVDです!!

現在、このDVDをキャンペーン価格で販売中です。DVDの内容などの詳細については、次のリンクからご覧ください。→ 【新井信介講演会:『皆神塾(東京)』DVD】(2019年10月20日開催)

DVDのご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→
TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026
携帯: 090-5804-5078
E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。