村田光平先生がIOCのバッハ会長に書簡。「利口さよりも思いやりとやさしさ」の大切さを

まず、村田先生からです。

・・・・・・・・・・・・・・・
皆様

本日発出したバッハ IOC会長宛メッセージをお届けいたします。
同文をBCC発信でいたしました。

Chaplinが映画「独裁者」の中で
「利口さよりも思いやりとやさしさ」の大切さを
訴えたこと、
世直しコロナが不道徳の永続を許さない歴史の法則に沿って世界を一変
し始めていること、
日本の市民社会は危険な福島放射能を無視する不道徳な東京五輪は中止されると信じていること、
新たな変化が日本国民を目覚めさせつつあること、
などを同メッセージは指摘しております。

皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。

村田光平

(元駐スイス大使)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Sent: Thursday, May 21, 2020 11:37 AM

Dear President Thomas Bach,

Encouraged by conscientious civil society, I have long been pleading for a maternal civilization based on ethics and solidarity.
It should replace the current paternal civilization based on
power and domination.

Charlie Chaplin, in his film “ The Dictator”, preaches as follows;

We think too much and feel too little.

More than machinery, we need humanity;

More than cleverness, we need kindness and gentleness.

The Covid-19 reminds us of the lessen of the Fukushima nuclear accident;

the shift of the top priority from economy to life.

Women are already proving their powerful qualifications in tackling the new coronavirus crisis.

Japan is criticized for not carrying out enough PCR tests. The Tokyo Olympic Games 2020, postponed for a year, is considered not irrelevant to this.

Japanese civil society firmly believes it will be cancelled because it is too immoral and irresponsible to continue ignoring radioactive dangers resulting from the Fukushima nuclear accident.

Japan is still placed under “The Nuclear Emmergency Declaration” !

The Covid-19 has started drastically reforming the world.

It will hopefully be in line with the law of the history that does not allow immorality to last indefinitely.

It is waking up the Japanese.

A new change seems to be around the corner.

I wish to send to you best wishes for your good health.

With my warmest and highest regards,

Mitsuhei Murata

Former Japanese Ambassador to Switzerland

PS; 私の書き込みは体調面などあって、少し減ります。
 黒川辞任で、何が変わるか? さらに、
 中国全人代と日米ロなどは、少し待ってください。

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。