日本政府が医師に対して放射線による病気 について口止めしている可能性が言及されており、これが事実とすれば確立している国際法であるInformed Consent (医師が患者に診療の目的や内容を十分に説明し、患者の同意を得ること)に反するとの 見解

皆様

6日発出したBCC英文発信をお届けいたします。
3・11事故直後Bach IOC会長に福島の子供たちを放射能被害から守るため避難させるよう申しれた傑出した専門家Helen Caldicotto 博士の最近の福島に関する見解です。特に注目されるのは日本政府が医師に対して放射線による病気について口止めしている可能性が言及されており、これが事実とすれば確立している国際法であるInformed Consent(医師が患者に診療の目的や内容を十分に説明し、患者の同意を得ること)に反するとの見解が海外から寄せられております。

 村田光平
(元駐スイス大使)

From: mitsu
Sent: Saturday, April 06, 2019 10:39 PM

Dear Friends,

I am sending you an outstanding article written by Dr. Helen Caldicott, most reliable and respected nuclear expert.https://www.globalresearch.ca/fukushima-an-ongoing-global-radiological-catastrophe-a-huge-coverup-dr-helen-caldicott
The following passage of the article has drawn much attention.
“The Japanese government has told doctors that they are not to talk to their patients about radiation and illnesses derived thereof, and in fact if the doctors do that, they might lose their funding from the government. The IAEA, the International Atomic Energy Agency interestingly set up a hospital – a cancer hospital – in Fukushima along with the Fukushima University for people with cancer, which tells you everything.”

An American friend has addressed me the following comment.
“ If Japanese doctors are being told by their government that they may not talk to their patients about radiation-related illness, how can the patients make an Informed Consent decision about treatment? It is a violation of long-standing international law to denigrate Informed Consent. This is a violation of the Nuremberg Code and a crime against humanity.”

According to Dr.Caldicott, Fukushima is an ongoing global radiological catastrophe which no one really is addressing in full and there is a total coverup to protect the nuclear industry and all its ramifications.

We cannot but deepen our concern about the Tokyo Olympics Games to read the following passage of the article.
“May I say that parts of Tokyo are extremely radioactive. People have been measuring the dirt from rooves of apartments, from the roadway, from vacuum cleaner dust. And some of these samples, they’re so radioactive that they would classify to be buried in radioactive waste facilities in America. So, that’s number one.
Number two, to have the Olympics in Fukushima just defies imagination. And uh, some of the areas where the athletes are going to be running, the dust and dirt there has been measured, and it’s highly radioactive. “

I do hope that President Thomas Bach of the IOC will fully take into account the timely article of Dr. Caldicott.

With warmest regards,
Mitsuhei Murata
Former Japanese Ambassador to Switzerland

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

5月12日開催『皆神塾(東京)』DVDの内容紹介ビデオ

5月12日に開催した『皆神塾(東京)』DVDの内容紹介ビデオができました
7分のビデオですが、新井先生が、講演内容の概略を説明されています。
皆神塾にご来場いただいた方はご存じですが、講演会自体は2時間47分(167分)ですから、
もちろんこれ以外のお話も盛りだくさんです!!

現在、このDVDをキャンペーン価格で販売中です。DVDの内容などの詳細・ご購入について、次のリンクからご覧ください。→ 5月12日「皆神塾(東京)」DVD

DVDのご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→
TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026
携帯: 090-5804-5078
E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。