児玉龍彦氏が東京都の感染と検疫医療体制の真実激白。「私益優先で日本は世界で一番データが少ない国になった。オーバーシュートは止まらない!」4月8日金子勝氏と再び対談。背景に満州亡霊完全消滅?

デモクラシータイムズ4月8日。
4月3日の児玉龍彦氏が再登場です。
新型コロナの東京都での感染実態を激白しています。

https://www.youtube.com/watch?v=RUrC57UZjYkh

日本国のメディアと国家予算執行部を脅し続けてきた戦争屋カバル
(日米合同委員会、逃げ込んだDS本体、地下の安倍さま親衛隊)が、
トランプ・フリンが派遣した精鋭軍によって、3月28,29日に処理
(駆除)されたため、真実を語る日本語の言論空間が、ようやく
満州亡霊から解き放たれたのでしょう。

4月4日「島田えり」による「富ヶ谷の私邸侵入」という事態は
「いつでも、何でもできる」という新事態を知らしめたのでしょう。
安倍様を補佐する今井、和泉らも、自分たちを陰で支えてきた軍団が
完全にいなくなっていることに、気づいたことでしょう。

以下は、昨日到着した村田先生からのメールです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
憂慮されるコロナ感染爆発と有事、戦時認識の欠如
4月9日(木) 22:18 (5 時間前)

皆様

安倍総理の緊急事態宣言は所期の成果を上げなかったこと
が判明する状況下で、
新型コロナ感染爆発が遂に深刻に憂慮されるに至りました。
ニューヨークの惨状が想起され慄然と致します。

日本の対応で指摘される深刻な問題は検査数の異常な少なさと
諸外国にみられる有事、戦時の危機意識の欠如です。

本来、新型コロナの教訓は経済重視から生命重視への移行の筈です。
国民に対する自粛要請は補償を伴うべきものであることは当然です。

今回の緊急事態宣言が日本全域を対象とすべきことも論を待ちません。
ニューヨークのクオモ州知事の懸命な警告が想起されます。

直面する国難を乗り越えるためには不要不急の予算の使途見直し
を含め総力を結集して行くとが求められます。

村田光平
(元駐スイス大使)

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。