日本の安倍政権と財界は今や世界の笑いもの。SHC(合成覇権通貨)を前にマネーを取るだけとったから、後はフランシスコの警告通り、日本DS「闇」の「処理」に入った。シャンティフーラさん、イカヅチについて教えます。

森友での土地価格算定
伊藤詩織さんレイプ判決
ようやく、まともな「お裁き」が始まった。

11月23日、フランシスコが来日した意味は、大きいよ。
そして、大勲位の死去。
さらに、中村哲さんの死。
 中村さんの葬儀に、上皇・上皇后・秋篠宮は花を出したが、
今上と政権は、葬儀自体を無視。

今年5月の月末、トランプが令和天皇と会い、帰国する朝に登戸で
起きた事件が、外務省ミャンマー専門官の小山氏の暗殺事件。
このとき、トランプ夫妻は、わざわざ弔意を述べましたね。
その日に起きた事件が、熊沢次官による息子・英一郎の刺殺事件。
しかも、そのとき銚子沖には転覆した貨物船があって船員が閉じ込めら
れていると報道されたが、政府は人命救助に向かわず、30日、船はその
まま沈没してしまった。一体、何が積んであったのでしょう?

ところで、今の安倍政権は、誰が作ったか、知っていますか?
2011年「311」のあと、2012年秋に野田佳彦がいきなり党首討論で
解散を言いだした。これが今の安倍政権の生みの親。野田は松下政経塾
で初めて総理になった二期生。幸之助のお気に入り。おっと忘れていた。
野田佳彦は解散を言いだす前、キッシンジャーと会っていましたね。

戦後の高度成長期の人気ドラマが、「水戸黄門」。三つ葉葵の紋所。
毎週月曜午後8時。松下電器の一社提供。
「人~生~ 楽ありゃー苦ゥもあるさ~・・・・」
徳川家が「三つ葉葵」を家紋にしたのは、家康が京都の公家たち(主に
桓武以来の百済系)を押さえるために、二条城を建てるだけでなく、田中
神社に形式的に婿養子に入ってその神紋を家紋としてもらい受けたため。
その意味は日本列島には10代崇神(実在ハツクニシラス)よりも前に、
ヘブライの正統性の歴史があり、それを自分たちは知っているとの示威
行動だった。
田中神社が本来あった地は、現在の下鴨社の中で出雲井於神社の所で、
BC4世紀末にダンの各部族族が集結し、神降ろしした聖なる地です。
これを、「国譲り」のときに、ダンからエフライムが乗っ取ったもの。
葵祭で主役となる上賀茂(ベニヤミン)・下鴨(エフライム)よりも旧い。
しかも、より純粋なイエス伝承(蘇民将来の民)も知っている、と。

ところでシャンティフーラなるブログで、闇将軍イカヅチ・金井敏伯
さんに関して、私のところからの切り貼り引用が多い。「神戸だいすき」
さんも。本人から聞かされたことを、この際、少し書いちゃいましょう。

松下幸之助に、「水戸黄門」にテレビCMをつけるようにいったのは、
イカヅチさん。「列島民諸君、真面目に働け。権威には逆らうな」と。

で、問題。一体、いつから、こんなに多くの「反社の方々」が、堂々と、
国家の政権中枢の周囲に、蔓延るようになっでしまったのでしょう。

答え。「311」の被害と、それが起きた真相を隠すため。

そのとき、半島系、なかでも、北朝鮮系統と裏で通じる「闇」勢力と、
アメリカ戦争屋DS(横田)が完全に第二次安倍政権に取りついていた。
表に出てきたのがJR東海の葛西敬之会長で、安倍サンの指南役になって、
まずリニアを国家プロジェクトにし、さらに「風評被害」の言葉で、
メディアを完全封殺しだした。そして、被災民へのカネの大バラマキ。

イカヅチさんが、2005年に言っていた言葉がある。
「日本は北朝鮮(高句麗)に借りがある」。
この事実と、今回の安倍政権の「闇」の浸透・盤踞は直接関係はないが、
「北朝鮮に借り」とは、一体、いつの話だ? これは、高句麗のこと。
これは663年白村江で倭国が大敗した後、665年日本で宝皇女(斉明)の
娘、間人皇女が死んだことを聞いて、唐の李勣と交戦中だった(平壌
生れの大将軍)淵蓋蘇文が、高句麗を捨てて日本列島に亡命したこと。
666年(旧暦)元旦に唐高宗が泰山封禅。ここに倭国酋長が参列している。
これは、誰か?答えを言っちゃうね。
天智になる中大兄(葛城王)、すなわち百済義慈王の弟、翹岐(ギョーキ)。

イカヅチさんは、キッシンジャーとも、周恩来とも、親しかった。
周恩来がフランスに渡る前、神田猿楽町から移って、まだ京都にいた時、
自分の京都の家で暮らしていたと。

1971年7月にキッシンジャーが北京に隠密外交する前、イカヅチさんは
極秘に香港・羅湖・深圳から大陸に入り、周恩来と打ち合わせしている。
周の死後、第一次天安門事件。「黒猫、白猫」と言い出したリアリスト
の鄧小平が実権掌握。松下幸之助と正式に会談したのは、1978年10月 
http://japanese.china.org.cn/jp/qshn/2008-11/03/content_16703605.htm
そのときの通訳をしたのが、私の北京駐在時代に上司だった先輩です。

1987年念願かなって、松下は北京に初の日中合弁でのテレビ工場が完成。https://www.panasonic.com/jp/corporate/history/chronicle/1987.html

1989年6月天安門事件。その騒乱時でも操業していたとして鄧小平に
褒められる。しかし、中国は国際環境では、完全に四面楚歌に。
その状況を突破したのが平成天皇(現・上皇)訪中(北京・西安・上海)。

イカヅチさんはドイツ経由で朱鎔基に技術供与し、上海にリニア実験線
の建設を進めさせた。日本では小泉が安倍に政権を譲るが一年で終る。
上海リニア完成時、福田康夫総理を呼ぼうとしていたが叶わなかったと。

イカヅチさんは、日本に対し、急に反日姿勢をあらわにした江沢民に、
本当に怒っていました。

で、2012年年末、安倍晋三が政権に返り咲くとき、その横で動いていた
のが、金井氏から、後継指名されたという梨本宮隆夫「殿下」です。

今年8月、図らずも白頭山ツアーで関空で再会し、同行となりました。
同氏はこの時、イカヅチさんがソマチットを使わず、日立系列の古川電工
のゼオライトを除染に使わせた、と非難していました。
イカヅチ当人は2016年2月に死去。しばらく隠され、4月に、3月に死去
と発表された。
「殿下」の言葉は、死者に鞭打つことになるけど、どうなのかな?。

2015年元旦、平成天皇が「満州事変からの歴史を振り返り」といい、
さらに、歌会始で「稲の根本に鎌をあてがう」と読まれた。
この年、プーチンはISISを創り出したDSの存在を国連で明らかにした。
同年、安倍政権は、特定秘密保護法を作り、さらに内閣人事局を作った。
安倍夫妻はこの年9月大阪に向かい、総理は読売テレビに出演。昭恵夫人
は夫人付を従えて住吉大社に「稲刈り」に。そして籠池氏の森友学園に。
このときが、イカヅチ・葛西路線のピークですね。

一方「殿下」が、今回、白頭山でご一緒した時に一行に語ったことは、
自分は今、世界人類の視点で、平和の実現を真剣に考えている。自分は
元々ボクシング狂だったが、東アジアの「恩讐」問題に目覚めたのは、
京都の「耳塚」の事実を知ってからだと。これは、秀吉が朝鮮に送り込
んだ加藤清正らによる「戦勝報告」碑だが、実は、そこには兵士以外の
「耳」も持ち込まれ、埋められた「悲しみの墓標」だと。
加藤清正の子孫である加藤紘一にこのことを話しても、全然、響かなか
った。と。だから、加藤の乱も失敗したと。

ビッグママ洋子さまは梨本宮の声だけは素直に聞き入れるといいます。
今、何が話されているのでしょう? 
731はちゃんと話されているでしょうか?
中村哲さんのことはどうでしょう?

【ご案内】『皆神塾(東京)』(12月14日)のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!!

DVDキャンペーン

12月14日に「東京」で開催した新井信介講演会『皆神塾(東京)』のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!!

<テーマ>:『行き過ぎた「予定調和」がもたらした悲劇を消せ!!』

<総論>:

◎Qたちの最終仕上げ。 NHK東京直下地震を特集。 処理のスタートは2012年冬至
◎悪魔の本拠は、「独善をいう概念」。キリスト教と、国家神道。フランシスコの引導
◎金融ワンワールドは、資本主義を卒業する。合成覇権通貨への準備
◎マネーの本質を洗い直し、「国家」と「市場」と、「心を動かすエネルギー」と
◎安倍晋三とその背景を徹底的に列島民と世界に知らしめる。 年明け「処分スタート」
◎準備を始めたユニバーサルチャイナ。 秦河勝とリニアの行方。 白山の泰澄 川勝知事と王毅外相

最大の犠牲者は、「自分の幸福を、マネーで、社会階層の中に見つけようとしたこと」
金融ワンワールドは、列島民がマネーを単なる道具と自覚するまで、「演出」をつづける
マネーでの金融破綻は起こさない。「持てる者」の意識をとことん変えさせる
どうなるソフトバンク?
要注意日は?2月11日。その前に、衆議院選挙はあるか? 地震は?

販売価格は、通常価格6000円のところを、2020年1月末までにご購入の方は、キャンペーン価格の「4000円」(瓊音倶楽部会の方は、「2000円」)でご提供します。
尚、恐縮ですが、別途送料380円を頂戴します。 (注)10月からは消費増税となりましたが、DVDの価格はそのままで、従来と同じ「4000円」で販売させて頂きます。ただ、送料については「380円」に変更させて頂きました。

全編で、2時間41分(161分)です。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp
弊社HPの「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。
次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→ 「皆神塾(東京)」DVD(12月14日開催)
「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。》

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。