今、日本では、全ての人の意識(自己の信念世界)の中で、これまでの「枠組み」が急速に溶けだしています。特に「精神規範」と「未来」に対する考え方。

明治に国家が「お手本」として作り上げたものが、
列島のイノチの大元に、全く根差していなかった。

戦後はそれを、マネー崇拝で胡麻化し続けたけど、
それが完全破綻。

明日動画で、話そうと思います。

自分にとっての、<天地とその間に立つ、自分を繋ぐ空間>
を是非・持ってください。

私は、自宅の庭に植えてある、桑の木と、山桃の木に、実がなって、
鳥たちが毎朝、楽しそうに食べていたので、それを、取ってきて、

ヨーグルトをかけて食べました。
そして、木島の龍興寺の水で沸かしたお茶やコーヒーもとって。
急速に、体調が改善しています。

一方、今、この列島の統治体のど真ん中が、本当に腐っていて、
それに対し、本気になって抗議し、動き出している人もいますね。

「祈り」のチカラを、信じます。
それには、まず、その「祈り」を発する自分自身が、どんな環境・意識、
すなわち、周波数を持っているか、が肝心だな、と思っています。

ルドルフ・シュタイナーの言葉ですが、
「キリスト意識」を、「INNER INITIATIVE(内発的創造性)」
と言っています。

自分の心が何を発するか、その心の「あり方」はどうなのか?
これによって、周波数が変わってきます。
ぶれない自分を、どう作り上げるか? 
国家、マネー、神(宇宙摂理の実態と認識)を、どう捉えるか?
思考するだけでなく、どんな「実践」をすれは、いいのか、
試しています。

PS:これは必見カナ。https://banbutusedou123.blog.fc2.com/blog-entry-631.html

特にこの部分。
らりるおんANTIFA さんの書き込みの部分
・日本人がなぜこの状態に陥り易いかというと、日本社会
が 個人の自尊心を破壊するシステムになっているからです。
日本人として生まれたら、自動的に自尊心をぶち壊されます。
学校で職場で家庭内で、他害することが当たり前の習慣の中で、
個人の尊厳が滅茶苦茶にぶちのめされるからです。

・日本人はみな、表面は綺麗に取り繕っていますが、その内面
はボロボロに傷つき血を流しています。痛みに耐えかねて、
即効性の麻薬を傷に塗りこめたいんです。そして最も簡単に
手に入る麻薬が「優越感」 誰も彼もが即効性の麻薬を求めて
マスメディアやSNSに群がります。

・だってそこに用意されてるから。
「こうすればあなたは他者に優越感持てますよ」という、
粉砂糖をまぶされた麻薬が綺麗に陳列されているから。
死にかけた身体にカンフル打てば少しの延命はできるように、
根治治療せぬまま、病んだ身体に麻薬を塗りこめ
一瞬だけ痛みを忘れる選択せざるを得ないから。

>根治治療せぬまま、病んだ身体に麻薬を塗りこめ
一瞬だけ痛みを忘れる選択せざるを得ないから。

これ、毒饅頭。
これを配ることで、利権を続けてきているのが、今の
天皇・政界・財界・学会・メディアなどすべて。
でも、5月からは、亀裂が入り出しているようです。

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。