「福島刑事裁判の不道德・無責任な判決は内外の心ある市民社会に 衝撃を与えております」村田光平;ドイツ・ドルトムントでの東京2020への行動詳細と「月刊日本」インタビュー記事

村田先生からです。

二件あります。
1)まず、ドルトムントの件です。

皆様

福島刑事裁判の不道德・無責任な判決は内外の心ある市民社会に衝撃を与えております。
9月14~15日にドルトムントで行われた「フクシマの危険性を黙殺させない東京オリンピック・パラリンピックのために」の共同会議・行動 に関する別添のプレス・リリースは、こうした判決を生み出した日本の異常な社会的背景の理解にも資するものと言えます。

この程出版された「東京五輪がもたらす危険」(緑風出版)の内容は慄然とさせるものがあり、内外の五輪関係者を含め決して無視できない筈です。日本の明るい未来を切り開くためには若者たちの奮起に大いに期待しており、働きかけを強めて行く所存です。
大学での教材として活用した拙著「新しい文明の提唱~未来の世代へ捧げる」をアマゾンから電子書籍として7月に出版したところ、意外にも別添の通り無料キャンペーンの第4位となり、大いに励まされております。
皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。

 村田光平
(元駐スイス大使

(添付)
190921_福島の危険性を黙殺させない_Tokyo 2020 Pressemitteilung-jp-Dortmund 15.09.2019

アマゾン電子書籍7月出版の無料キャンペーンの第4位に!!

2)そして、「月刊日本」のインタビュー記事です。

皆さま
「月刊日本」2019年10月号に掲載されたインタビュー記事をお届けいたします。
同号は東京五輪批判を特集として取り上げており、「週刊朝日」9月20日号に続くものとして注目されます。
福島危機を隠して海外から来年は4000万人、再来年は5000万人の観光客を見込むなど詐欺だとの声が内外であがりだしております。由々しきことです。
皆様のご理解とご支持をお願い申し上げます。

村田光平
(元駐スイス大使)

(添付)
190921_月刊日本1910_村田_インタビュー

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

6月9日開催『皆神塾(東京)』DVDの内容紹介ビデオ

6月9日に開催した『古代史研究会(第3回)』DVDの内容紹介ビデオができました!
20分のビデオですが、新井先生が、講演内容の概略を説明されています。
皆神塾にご来場いただいた方はご存じですが、講演会自体は2時間46分(166分)ですから、もちろんこれ以外のお話も盛りだくさんです!!

現在、このDVDをキャンペーン価格で販売中です。DVDの内容などの詳細については、次のリンクからご覧ください。→ 6月9日「古代史研究会(第3回)」DVD

DVDのご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→
TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026
携帯: 090-5804-5078
E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。