トランプは元々イランと戦争する気がない。狙いは戦争屋DS消滅。その結果、戦争大好き皇国日本も消える。伊勢への天皇参拝は持統即位の2年後で、後は明治までなかった。伊勢神宮と同じ造りで国宝が大町の仁科神明宮。

人類史の中で、日本列島にできた王権で、何が特別なのか?
きちんと、考えたことがありますか?
太古から現代につながる王権となっているのが、天皇の存在
といいますが、その太古って、いったいいつのこと?

何回もいいますが、第10代崇神が「実在のハツクニシラス」です。
この人物がいつの時代の人間か、これをいかに隠すか?
この命題に、答えたのが、鎌足の息子、不比等です。
参考になるのは、大化改新のあと、「国の博士」になったのが、
高向玄理と僧旻。いずれも曹操の末裔で、第15代応神のときに、
日本列島に入ってきた。
応神(ホムダワケ)はウマヤド誕生の前の568年に大神比義に
よって「八幡神」とされましたが、この人物の列島での治世には、
大陸で皇帝を出した名家の人間がぞくぞく集結するほど、「中華」
の基準からも認められる存在だった、ということ。
その前の14代仲哀の時代、弓月国(現在の新疆イリ地方)の功満王
が倭国に使者を出した。弓月国は二世皇帝胡亥の子孫が建てた。
その子の融通王は5世紀初め仁徳時代に20万人を連れて日本列島に
入植し、河内に巨大古墳を造る時に、養蚕と機織りを広めている。
その子孫がウマヤドを助け、国宝の弥勒菩薩像を安置するために
広隆寺を建てた秦河勝で、今の静岡県の川勝知事のご先祖です。

明治政府が創り出した皇国史観は、アヘン戦争で負けた清を蔑みま
した。康煕・雍正・乾隆の偉大な文明はイギリスが撒いたアヘンと
宗教で壊されたのです。私が師事した歴史工学の馬野周二博士は「
中国文明は唐で終った」といい、さらに「日本書紀は真実だ」とも
言っていましたが、縄文に対する理解で意見が合わなくなり、進ん
で「自己破門」となりました。その前1988年6月、馬野博士を中国
社会科学院との文明論対話にお連れしたのがいい思い出です。
博士には中国政府から乾隆帝の別荘が手配され、ご満悦でしたが。

一方、「うちの先祖が天皇を創った」と言っていた金井敏伯翁
から出された課題が、「縄文からの連続性を調べよ」でした。
4000年前から始まった漢字文化と文明の利器をもつ大陸の人間を、
列島民が何を基準にして取捨選別しながら取入れ、吸収したのか?

6000年前、シュメールで大規模に農業が始まった時、日本列島では
翡翠を持ち合った。前者は暦を造って収穫を増やし、自然の豊かさを
切り取る形で人間社会の「富」を築いた、その分配にあたって「血統」
が重視され「貴族」が生まれた。このときの血統の意味も、重大です。
日本列島での「富」の発生と、その分配での優先権の確定。すなわち
「貴族」層はいつ生まれたのか?この視点こそ「天皇」の起源を解き
明かすカギです。今の神社関係者は、何も答えられないでしょう。

あと、魏志東夷伝倭人条にある、「帯方郡への卑弥呼の送使」。
陳寿が書いた原書「景初2年(238年)」が間違いで、唐の太宗李世民
の時代に纏められた梁書の「景初3年(239年)」が正しいとしてきた
のが日本の歴史学会で、戦後になっても、誰も疑問を出さなかった。
私は断言します。これは、曹操・曹丕・曹叡それに司馬懿と、日本列島
での天皇誕生の関係を判っている人間による隠蔽工作です。これが唐代
からあったのです。もうこんな馬鹿げたインチキは終わりにしましょう。

さらに長野県大町には最も小さな国宝建築の仁科神明宮があります。
国宝になったその理由は、伊勢神宮と同じ造りだからと。「仁科」とは
何か?なぜ、信濃の大町だったのか?日本会議は全く知らないでしょう。

【ご案内】『皆神塾(東京)』(12月14日)のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!!

DVDキャンペーン

12月14日に「東京」で開催した新井信介講演会『皆神塾(東京)』のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!!

<テーマ>:『行き過ぎた「予定調和」がもたらした悲劇を消せ!!』

<総論>:

◎Qたちの最終仕上げ。 NHK東京直下地震を特集。 処理のスタートは2012年冬至
◎悪魔の本拠は、「独善をいう概念」。キリスト教と、国家神道。フランシスコの引導
◎金融ワンワールドは、資本主義を卒業する。合成覇権通貨への準備
◎マネーの本質を洗い直し、「国家」と「市場」と、「心を動かすエネルギー」と
◎安倍晋三とその背景を徹底的に列島民と世界に知らしめる。 年明け「処分スタート」
◎準備を始めたユニバーサルチャイナ。 秦河勝とリニアの行方。 白山の泰澄 川勝知事と王毅外相

最大の犠牲者は、「自分の幸福を、マネーで、社会階層の中に見つけようとしたこと」
金融ワンワールドは、列島民がマネーを単なる道具と自覚するまで、「演出」をつづける
マネーでの金融破綻は起こさない。「持てる者」の意識をとことん変えさせる
どうなるソフトバンク?
要注意日は?2月11日。その前に、衆議院選挙はあるか? 地震は?

販売価格は、通常価格6000円のところを、2020年1月末までにご購入の方は、キャンペーン価格の「4000円」(瓊音倶楽部会の方は、「2000円」)でご提供します。
尚、恐縮ですが、別途送料380円を頂戴します。 (注)10月からは消費増税となりましたが、DVDの価格はそのままで、従来と同じ「4000円」で販売させて頂きます。ただ、送料については「380円」に変更させて頂きました。

全編で、2時間41分(161分)です。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp
弊社HPの「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。
次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→ 「皆神塾(東京)」DVD(12月14日開催)
「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。》

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。