ソレイマニ司令官殺害;トランプは狂人?それとも人類平和を本気で求め、戦争屋カバルの導火線除去?「インパクトを最大化し、最大限の効率性を追求し、コストを最小限に抑える」を実際に実行したのか?

イランのソレイマニ司令官爆殺事件 …トランプの頭に何があるのか?
Qたちが見つけ出した戦争屋DS退治の大統領がトランプであると
知っていても、1月3日のバグダッドでのイランのソレイマニ司令官
殺害は常人の頭ではとうてい理解できない。もちろん私にも。

だから、以下の考察は、あくまでも私の妄想と思ってもらってもいい。

ソレイマニ司令官は、イランのハメネイやロウハニ大統領にとって、
国家としてのイランの守り神そのものだった。
トランプはその殺害を「平和のため」というが、この論理で世界が納得するはずもない。
イランにソレイマニがいる限り、カバルたちが紛争を仕掛けたら、それに対し、対抗手段でテロがつづき、そしてまた紛争が拡大する、という認識のようだ。
これは、アメリカDIA(国防情報局)やマイケルフリン(デジタルアーミー)もそうなのか?
それとも、ソレイマニ本人が、普通の地球人ではない特殊人材だったのか?もし、QのNSA部隊がその正体を突き止めて、さらに、それを殺害した時の全てのリスク計算して、「実行すべし」との結論を出したのか?
戦争において、相手の大将で全ての作戦や指示系統の司令塔を消してしまえば、どうなるか?
昨年9月の国連総会では、ロウハニ大統領をNYに招いていたが、完全に、その手足どころか、頭脳と指令系統を壊したことになる。

「イランと、戦後日本の対米独立派は、水面下で繋がっている」
これは中山法元から、1993年に聞かされていた。
イランには、2600年前のバビロン捕囚からの血統ユダヤ人が残り、19世紀末に始まったSIONISTと対抗しながらも、中には戦後のカバルたちのマッチポンプに加わるものもいた。
彼らは、日本から、濃縮ウランを欲しがっていたが。

平和のために《インパクトを最大化し、最大限の効率性を追求し、コストを最小限に抑える》この言葉は、鈴木馨祐が自身のblogで語った言葉だが、これが、今、イルミナティーで話され、最高の意志として躊躇なく実行する、ということなのかもしれない。
そうだとしたら、最終手段に、宇宙から地表面へのピンポント・レーザー照射『神の杖』まで使われるかもしれない。今回も、単なる米軍による爆撃ではなく、これだったかも。つまり、ソレイマニ殺害は、人類全体への見せしめ=「一罰百戒」か?  妄想、映画の見過ぎ?

もし、そこまでの「意志」と「手段」がトランプに凝縮しているのなら、
世界中の「変な野心」はつぎつぎ消されていくでしょうし、
環境を壊しても目先のマネーだけを求める人間や、「ファンタジーに酔い
痴れる人間」にも、無慈悲な措置が来るかもしれませんね。
それと同時に、人類融和の希望の物語も、拾い上げられるかも。

以下は、NHKから。

《トランプ大統領「司令官は多くの米国人を殺害」正当性を主張》
2020年1月4日 4時52分米イラン対立
アメリカのトランプ大統領はイランの精鋭部隊、革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害したことについて「司令官は長年にわたり多くのアメリカ人を殺害した」として正当だったと主張しました。一方、野党・民主党からはイランによる報復を懸念する声や政権に説明を求める声が相次いでいて波紋が広がっています。
アメリカがイランの精鋭部隊、革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害したことについてトランプ大統領は3日、ツイッターに「司令官は長年にわたり多くのアメリカ人を殺害するなどし、さらに多くを殺害しようともくろんでいたが、阻止された」と投稿しました。
そして、「彼は最近、イランでのデモで殺害されるなどした大勢の人々の死に直接的かつ間接的に責任があった。ソレイマニはイラン国内で憎まれ、恐れられていた。何年も前に排除されるべきだった!」と述べ、殺害は正当だったと主張しました。

 またポンペイオ国務長官はイギリスのラーブ外相やフランスのルドリアン外相、それに、中国で外交を統括する楊潔※チ政治局委員など各国の高官と相次いで電話で会談し、攻撃への理解を求めるねらいがあるものとみられます。
司令官の殺害について与党・共和党からは「ソレイマニはテロリストで、イランと世界に対し、アメリカへの攻撃は必ずその報いを受けることになると知らしめた」などと全面的に評価する声があがっています。
一方、野党・民主党はペロシ下院議長が声明で「攻撃はさらなる危険な暴力の拡大を引き起こすおそれがある」として、イランによる報復への懸念を表明したほか、「今回の措置は議会との協議なしに行われた」として、政権に説明を求める声が相次いでいて波紋が広がっています。
※「チ」は、竹かんむりに褫のつくり

【ご案内】『皆神塾(東京)』(12月14日)のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!!

DVDキャンペーン

12月14日に「東京」で開催した新井信介講演会『皆神塾(東京)』のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!!

<テーマ>:『行き過ぎた「予定調和」がもたらした悲劇を消せ!!』

<総論>:

◎Qたちの最終仕上げ。 NHK東京直下地震を特集。 処理のスタートは2012年冬至
◎悪魔の本拠は、「独善をいう概念」。キリスト教と、国家神道。フランシスコの引導
◎金融ワンワールドは、資本主義を卒業する。合成覇権通貨への準備
◎マネーの本質を洗い直し、「国家」と「市場」と、「心を動かすエネルギー」と
◎安倍晋三とその背景を徹底的に列島民と世界に知らしめる。 年明け「処分スタート」
◎準備を始めたユニバーサルチャイナ。 秦河勝とリニアの行方。 白山の泰澄 川勝知事と王毅外相

最大の犠牲者は、「自分の幸福を、マネーで、社会階層の中に見つけようとしたこと」
金融ワンワールドは、列島民がマネーを単なる道具と自覚するまで、「演出」をつづける
マネーでの金融破綻は起こさない。「持てる者」の意識をとことん変えさせる
どうなるソフトバンク?
要注意日は?2月11日。その前に、衆議院選挙はあるか? 地震は?

販売価格は、通常価格6000円のところを、2020年1月末までにご購入の方は、キャンペーン価格の「4000円」(瓊音倶楽部会の方は、「2000円」)でご提供します。
尚、恐縮ですが、別途送料380円を頂戴します。 (注)10月からは消費増税となりましたが、DVDの価格はそのままで、従来と同じ「4000円」で販売させて頂きます。ただ、送料については「380円」に変更させて頂きました。

全編で、2時間41分(161分)です。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp
弊社HPの「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。
次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→ 「皆神塾(東京)」DVD(12月14日開催)
「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。》

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。