キロロの名曲『未来へ』が台湾で『後来(その後)』になり、中国大陸では男児が悔悟する「失恋歌」になって、カラオケで若者に歌いまくられている。

沖縄生まれのキロロが歌う名曲『未来へ』。
この歌をレンタル屋で初めて聞いたときは衝撃でした。

これが、台湾人の手によって中国語になり、大ヒットです。
https://www.youtube.com/watch?v=t0igPuDjYUE

キロロが創った元曲は、自分が人生で独り立ちするときに、
見守っていてくれた父母の恩に気づき、それを歌詞にしたのですが、
これが大陸に渡ると、この歌は中国語版でも、恋愛の歌に変わります。
彼女を失って初めて、その真心と存在の大きさを知った、という、
失恋の歌『後来(そのあとに)』になっています。

今、大陸ではギターが若者たちに急速に広まっているのですが、
「弾き語り」用の名曲としても、大人気のようです。
https://www.youtube.com/watch?v=yfkK1DYtUPc

真意をようやく知った。自分は学び、成長した。これが共通点。
その出発は、沖縄で生まれた旋律と日本語。これ、文化交流ですね。
で、今の中国語圏の若者たちは、本当に、元気いっぱいで、
彼女と一緒にカラオケに行って、この歌を絶叫するみたい。
https://www.youtube.com/watch?v=E36VQpGhW4c

今度、中国や台湾に行ったら、私も、『後来』を一緒に歌おう。

日本にある空気感とは全く違ますね。
なぜだ?
リアリティーの豊かさの実現と、着実な未来の希望を語るか、
それとも、
実態を見ないで、数字だけを求めて、失政をごまかし続けるか、
の違いではないか?

日本のメディアは、今の中国大陸の若者を正確に伝えていません。

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。