さて、昨日メッセージの中に言い間違えの「間違い」さがしです。白夜と「ウマヤド誕生」。補足にペルシャのホスロー1世とホスロー2世、李世民と玄奘の天山越え。

何か言え、と言われて、
原稿持たずに一気に話すと時々起こります。「言い間違え」。

クリスマスに関する私のメッセージ(計3回)のなかに、
基本的な間違いがありました。2つ。もう、お分かりですね。

①冬至の日に、「白夜」はないでしょ。これ,夏至だよね。
 日が沈まない夜が、白夜だよね。
 で、正解は、冬至は、もちろん「黒夜」。もしくは「極夜」。

②ウマヤドが生まれたのは、欽明3年でありません。
 日本書紀では、「敏達3年(574)元旦」となっています。
 で、ちょっと補足。
 でも、本当に、この年に、飛鳥の橘寺で生まれたのかどうか?
ウマヤドなる存在を創り出し、神格化する。これが不比等の戦略で、
今の日本国の天皇に関し、その出発での権威となっています。
私の見解は、このモデルが、559年に生まれた突厥タルドウ(達頭)。
父はホスロー1世。母は、西面可汗シルジブロスの娘、穴穂辺間人。
 突厥とペルシャは569年に分裂し、以後、アム川が国境になった。
ホスローは、税収改革と大規模灌漑による農地広大化で農業生産力
と軍事力を強化し、聖典『アヴェスター』も最編集した、英雄でした。
その孫であるのがホスロー2世で、603年にビザンチンに宣戦布告し、
「磔刑の十字架」をエルサレムから奪って、ペルシャのクテシフォン
に設置した。(この後に、ムハンマドの覚醒610と、ヘジナ622)
しかし、ビザンチンのヘラクレイオスは、突厥・ホスロー1世の連合軍
によって壊滅させられていたエフタル騎馬部隊を軍事組織に組み入れ
ホスロー2世を討って「十字架」を取り返した。ホスロー2世が邸宅を
逃げ出すと、投獄されていた実子カワード2世がペルシャ貴族に解放
され、ヘラクレイオスと和解し、628年、父を捕縛の上、殺害した。

このペルシャでの異変の知らせが唐に届く頃、太宗李世民は玄奘三蔵
に希望だったインド行を許します。このとき密命があった。必ず、天山
の向こうキルギスのスイアーブに寄れ、と。さて、そこに誰がいたか?
  

皆さん、ゴメンナサイ。勢いのままに話すと時々、間違いが出ます。
どんどん指摘してください。私は、ミトラ主義者です。

また、さらに、以下のような意見もありました。

ゾロアスターをいうなら、なんで、原始仏教を言わないの?
さらに、エジプトでの太陽神信仰や宇宙とのアクセスの結果が、
 シュメール・ヘブライの手本になったのでしょ。

2800年前にアーリア(イラン)人が北インドに入って、
ウパニシャッドが入ってきて、自然を感じる(feel)ことから、
自然と人間の、その意味や関係性を考える(think)様になり、
人間が存在する,その本質とは、心(MIND)があるからだと。
そこは個々の誰もが持つ、全てと通じる最大の財産だとなっていきます。

ブッダは、人間社会での貧富・美醜のみなならず、
この世にあらわれた、すべての存在の形状そのものに囚われるな、と。

このブッダの孫弟子くらいの坊さんに諭され、覚醒したのが、
部族融合の世界を、知力と武力で強引に作りだそうとしていたアレクサンダー。

「(根源的紐帯を感じれば)ありのままで、融合しているじゃん。
それ、遠くの東の島国に行けば、解るよ。あんたも実感できるよ」

北インドで仏像つくりが始まる。

イケイケどんどんの大将が、えらく変わったな。
そして、その覚醒の意味を知ろうとしていたのが、イエス・インマヌエル。
「神への愛(縦)と、隣人への愛(水平)」「汝の隣人を愛せよ。」
知っているか知っていないかで、人間社会に階層化のピラミッド構造が
生れるのはおかしい。ただ、天の「父」の心に照らして「間違い」は言う。
イエスは、人間世界での富の再分配での、上下は言わなかった。
元々、ユダ族エッセネ派は、神の権能や心を探り求め、その心通りに、
地上世界で生きようとした。富に目がくらむことは、あり得なかった。

それが世界中で「神を語る宗教者」はそれ以後、一体、どうなったのか?
まして、国家権力が夫々の「宗教上の神」を掲げて戦争をしあうなんて。

昨日、中国の成都で、日中韓のサミット。三国志の蜀の国の地ですね。
安倍晋三に「在職中になんとしても中国・北朝鮮と話せる道筋をつけろ」、
とどなたかが言っているのかも。
まあここでは、「韓国の文在寅と話せる道筋ができた」と、御用報道。

もし、こうした安倍政権を続けさせるのが、財界官僚OBや明治以来の
門閥たちなら、もう、そんなことしなくていいよ。
この人の、存在自体が、問題なのだ。安倍晋三でなくても、安部晋三じゃ
じゃない方が、そんなこと上手くできるでしょ。
まさか、トランプがそれを促した?
あるいは、フランシスコ? 

でも、フクシマの汚染、特に汚染水処理と、オリンピック開催の可否。
安倍様の日本とは、大日本「忖度」帝国。
その非常識具合は、伊藤詩織さんの判決で、全世界が知ったから、
こっちにも、いろいろ出てきますよ。
まだまだ、予定調和のなかで、治めきれると思っている人間が、
列島の行政やビジネスの現場では主流ですが、「天」はどうみるか?

天意とは「民意」。

【ご案内】『皆神塾(東京)』(12月14日)のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!!

DVDキャンペーン

12月14日に「東京」で開催した新井信介講演会『皆神塾(東京)』のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!!

<テーマ>:『行き過ぎた「予定調和」がもたらした悲劇を消せ!!』

<総論>:

◎Qたちの最終仕上げ。 NHK東京直下地震を特集。 処理のスタートは2012年冬至
◎悪魔の本拠は、「独善をいう概念」。キリスト教と、国家神道。フランシスコの引導
◎金融ワンワールドは、資本主義を卒業する。合成覇権通貨への準備
◎マネーの本質を洗い直し、「国家」と「市場」と、「心を動かすエネルギー」と
◎安倍晋三とその背景を徹底的に列島民と世界に知らしめる。 年明け「処分スタート」
◎準備を始めたユニバーサルチャイナ。 秦河勝とリニアの行方。 白山の泰澄 川勝知事と王毅外相

最大の犠牲者は、「自分の幸福を、マネーで、社会階層の中に見つけようとしたこと」
金融ワンワールドは、列島民がマネーを単なる道具と自覚するまで、「演出」をつづける
マネーでの金融破綻は起こさない。「持てる者」の意識をとことん変えさせる
どうなるソフトバンク?
要注意日は?2月11日。その前に、衆議院選挙はあるか? 地震は?

販売価格は、通常価格6000円のところを、2020年1月末までにご購入の方は、キャンペーン価格の「4000円」(瓊音倶楽部会の方は、「2000円」)でご提供します。
尚、恐縮ですが、別途送料380円を頂戴します。 (注)10月からは消費増税となりましたが、DVDの価格はそのままで、従来と同じ「4000円」で販売させて頂きます。ただ、送料については「380円」に変更させて頂きました。

全編で、2時間41分(161分)です。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp
弊社HPの「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。
次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→ 「皆神塾(東京)」DVD(12月14日開催)
「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。》

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。