おいおいおい、このニュースは一体、何なんだ!!?首都東京の水源の近くに、なんでわざわざエボラなどの病原菌を持ち込むんだ?

https://www.youtube.com/watch?v=5YQooj9qaYw

これ、笑って済ませられないよ。自爆装置を仕掛けたようなものじゃないか?
メディアや国会は何している?

危険性の告知はあったのか?
多摩湖のすぐ、西じゃないか?
なんで、この5月30日?
引きこもりが「惨殺」された直後じゃないか。

これ、本気の戦争を仕掛けてるのかも。
もう、用心に越したことないよ。

そもそも、国立感染症研究所をなんで、わざわざ日本政府は、
水源のすぐ横に、移したのだ。
この列島の政府は、列島民を、縛ることしか考えていない。
そこに、戦後、海外のへんな勢力が入ってきた?
いや、違うだろ。
列島民を、最初から、自分たち一部の人間の、「富裕」実現の駒
としてしかみていない。

兵站をまったく考えない、戦前の滅茶苦茶な軍事行動を見てみなよ。
ガタルカナルに、インパール。白骨街道って、なんなんだよ!

今、思いつく言葉は、列島を最後の砦にした、ディープステイト(戦争屋)の
「死なばもろとも」での「脅し」。
最悪、横田基地から、ケムトレイルに紛れて・・・考えたくもないわい。

でも、「天行健」。みんな、天とストレートに繋がろう。
政府の運営者の正体、日本列島の統治体自体の本質を、NSAは、
ぼーとしている列島民に、気づかそうとしているかも。
それとも、人口削減計画の一環? 
とにかく、死ぬな!!! 
自分と家族と友人を守れ。そして、危うきに近寄らずに、逃げろ。
自分と天を信じて動け。おそれずに、発言し続けろ。

PS:横浜で、二日続けて、交通システムの事故があった。
官房長官の地元が横浜だよね。5月10日にペンスと会ったんだよね。
何かの催促のメッセージかもしれないよね。

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

『皆神塾(東京)』(10月20日開催)のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!!

10月20日に「東京」で開催した新井信介講演会『皆神塾(東京)』のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!! 今回の講演はよく整理され非常にわかりやすい内容で、必見です!! 是非、キャンペーン中にご購入の上、ご覧ください!! 超おすすめDVDです!!

現在、このDVDをキャンペーン価格で販売中です。DVDの内容などの詳細については、次のリンクからご覧ください。→ 【新井信介講演会:『皆神塾(東京)』DVD】(2019年10月20日開催)

DVDのご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→
TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026
携帯: 090-5804-5078
E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。