真実を求める市民の動きだ。市民メディアの会による、バクロスTV。これは化けるぞ!

昨年末に富ケ岡八幡で殺人事件があり、さらに、安倍晋三と日本会議が肝いりだった森友学園がつぶれた。

今、神社界がどうなっているのか、と気になって、にっぽん文明研究所に電話しました。

そしたら、昨年10月に九州で立ち上がった、市民メディアの会の関係者から、取材があったと言います。どんな組織なのでしょう。

以下、HPから、転載します。

 

<ようこそ! 市民メディアの会へ!>


「市民メディアの会」は、一般市民がスポンサーになってテレビ番組を作る活動です。
一般のテレビ番組は、大手企業がスポンサーとなっているため、そのスポンサーの意向に沿わない内容は番組にできません。そのため、真実はほとんどの場合放映されません。
例えば、A社提供の番組の中で、同業他社であるB社の有利になるような情報は流せませんよね?
ほかに、体に悪いと言われているものを食品添加物として入れている自社製品があって、どうしてもその製品をヒットさせたい場合、その番組の中でタレントを使っておいしいと言わせてしまう。そうなると、いくら体に悪くても、売れてしまうわけです。
世の中にはそういう例は数えきれないほどたくさんあるのです。
そこで、そんなスポンサーに縛られない、本当のことだけを伝えられる番組を作りたい、そして今、世の中で常識と思われている裏に何があるのかを、たくさんの人に知ってもらいたい、と、私たちは、この「市民メディアの会」を立ち上げました。
まずは長崎の主婦が賛同してお金を集めました。番組制作のための手付金として、最初は口コミで50万円を集めて、その後はクラウドファンディングで250万円を集めました。


そしてできたのが「バクロスTV」

医師の内海聡(うつみさとる)先生をはじめ、日本の種を守る野口勲さん、無農薬無肥料栽培に取り組み岡本よりたかさん、日本社会の裏側を広める活動をされている歯科医師の杉田穂高(すぎたほたか)先生、精神科医療の真実を広める活動をされている小倉謙(おぐらゆずる)さん、クローン病という難病を自力で治された末吉辰満(すえよしたつみ)さんの6名の方々に、番組制作会社「ノーネス」のプロデューサーの平山秀善(ひらやまひでよし)がインタビューする形で、世の中の真実を話していきます。
番組の配信はまだまだ続きます。一般市民が知らない情報はまだまだたくさんあります。


あなたの見たいと思う心が、「市民メディアの会」の活動を支えます。

Hp http://citizen-channel.com/top/


バクロスTV 

 
 
 
・・・・転載終わり・・・
 
どうも、この関係者が、神道の秘密・真実を知りたいと、にっぽん文明研究所にコンタクトをしたとのことです。
実は、今、日本の神社界は、急速で、崩壊に向かっています。
 
日本人は皆、天皇の赤子(神武天皇の遺伝子)だという皇国史観を、戦後になっても、日本神社界がそのまま引きずっていたことが、命取りになっています。
 
 日本全国にある神社を生かし、まとめるには、縄文からの惟神(かんながら)を、きちんと言えばいい。
 これが、私の主張です。 にっぽん文明研究所の方にそうお伝えしました。
 
ホモサピエンスの最も原初に近い、D遺伝子を、1万年以上にわたって色濃く保存してきたのが、私たちが住む日本列島の縄文人たちでした。 この時代からの特性を、私たち日本人は、今に、引き継いでいます。
 
では、神武=カムヤマトイワレビコ とは、何か?
これは、大宝律令ができた後の8世紀の初めに、列島に生きる、出自が異なる各部族豪族に、政治統合を促すために、不比等が作り出した架空存在でした。
これを、明治になって、絶対の真実としたことから、日本人の狂気 が生まれています。
(ここには、ローマ帝国が「イエス・キリスト」を作り出したのと、同じ手法が使われました)
 
この狂気の存在を、戦後のアメリカの戦争屋は、日本支配に利用しました。そのとき、戦前の半島生まれの「皇国日本人」や、戦後も列島で利権を求める「と金」人士は、この狂気の元を、何ら科学的に検証もせずに、ひき継ぎ、利用したのです。
それでは、日本発で、人類全体への普遍的価値を、生み出せません。 神道の世界化ができません。
列島民から吸い上げた税で運営される国家から、利権とマネーを求めるだけの下衆な野心があつまるばかりになってしまったのです。 有力神社で神主が姉弟で殺し合い・・・一体どんな神に仕えていたのか?

 

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。