騙されるな。これが真実だ。都心の空室率。どんどん逃げている。間違っているのは根本の政策。

 東京の繁華街には、相変わらず人間が多いが、よく見てみると、外国人(なかでも中国人)が急激に増えている。

観光でのインバウンド(入り込み外国人客)は日本経済での「消費」を支えますが、彼等の効用は、それだけでなく、放射能を避けて(あるいは放射能で死んで)人口減になっている首都圏の表向きの状態を、隠しています。

日々、忙しく暮らしている人間は、「311」からの4年8ヶ月を、自分自身がこれまでどおり生きてきたことで、自分には問題ない、と勝手に思い込んでいるようですが、 原発放射能は、食品や水、空気を通じた内部被曝で、静かに細胞と遺伝子を侵します。さらに、今年3月から始まったデブリからの放射性水蒸気は、弱っている身体に、最後の「一押し」の作用をします。

 (※実は今朝、大学時代の3年後輩が昨年末に悪性リンパ腫を発病後、闘病の末に亡くなったとの訃報が来ました)

「問題」は、なんであれ、そこに「問題がある」と認識し、「それを解決する」と決意して、どんなに面倒で悲惨であっても、真剣に、現実の実態に向き合わないと、問題解決には、向かわない。

当たり前のことですが、

 これが、すでに利権を持っているいる国家権力者からすると、 もし、放射能問題と真剣に向き合ったら、自分の利権どころか、存在そのものまでなくなってしまうと、官僚、経済界は、考えているのでしょう。 

 彼等はそれなりの名声は得ていますが、基本的に人間性の度量が狭く、ゼロに戻ってやり直すことができないため、問題を、ごまかす知恵があれば、それが優先し、 解決するホンモノの智慧を真剣に探して、問題解決に活かそうとしはしません。 今年3月、メリケルの心からの忠告を内政干渉と安倍は言い放ったのです。

 今の日本社会では、真実を伝えたほうが、人間個人も、そして、実需に基づく経済活動も、より活性化します。

彼等は資産価値という、数字だけの維持を求め、オリンピックを誘致し、これまでの既得権でのマネーの上がりを期待し、首都圏の地価を下げさせないことに、 これまで、国家の経営資源をつぎ込んできましたが、 肝心の人間が死に出しているのです。

首都圏で、マンションが次々売れているかのごとき報道が、国家のメディア戦略によって続けられてきました。 そして、銀行からの不動産融資は、青天井に用意されてきましたが、さて、中身はどうだったのでしょう。

 以下があります。

  

名無し:11/30 01:32 マンションGメンmansion_Gmen 氏の2015/11/16のツイート 東京23区の賃貸マンション空室率の上昇が止まらない。既に千代田区36%、中央区28%、目黒区27%となっている。恐ろしい数字だ。 死んでるの?

 都心部の賃貸マンションの空室率の上昇が意味するのは、 収入が上がらないため、高い家賃のところに住めない、ということもありますが、 この場合、現実的に見て、居住人口の数自体が減っているんでしょう。

 見せかけの姿を創りだして、さも、これまで通りの繁栄が続いているように「演出」する。あとは、メディアをつかってのイメージ操作。それだけで、この国の国民は、十分に、飼いならすことができす。 

 これが、明治以来の、天皇教(バチカンのイエス像に倣った天皇像)が刷り込まれた日本人であり、さらに、戦後は、見事な無思考のロボット、社畜を、アメリカの日本占領軍と、官僚たちは、作りあげたのです。

 国家権力者=官僚=お上の 無謬性。 絶対に、間違いは犯さない と信じこませ、まるで、反省しない。

 高級公務員と門閥家族で、かばい合って、 国民を騙しきれると、ずっと、思ってきた。

 これは、本来、先の見通せない知恵遅れの卑怯者の姿なのですが、それを、宗主国のアメリカ、および、世界銀行の裏に居る、世界のエリートたちが許してきたのは、 米ドル基軸の世界経済(ドル建て資産と、その金融価値で出来上がった経済システム)が、壊れるのを避けるためでした、

 しかし、本日から、ようやく、IMFでも、人民元の国際化が正式に議論されます。

これで、人類には、選択肢が、増えました。 

 本来なら、FRBの米ドルがダメなら、20世紀末にも、圧倒的生産力をもっていた日本国の日本円を、国際通貨にすることで、世界経済を維持できるは
ずでした(このチャンスは1998年のチェンマイ・インストラクティブの機会にあった)が、これが、逆に、Y2K騒動のあとには、完全に、米ドルの補助通貨’(円キャリートレード)でしかなくなりました。 

今の、日本国政府は、独自に日銀が刷る日本円を、海外(外国政府や中央銀行)に配れるのは、ODAでの形以外、ありません。東南アジア各国や、アセアン組織そのものに、準備通貨として日本円を持たせることも、できたのですが、日本の官僚は、それをしなかった。 

 そのとき、米国政府は、米国債のさらなる発行と、その買い取りを日本にもとめ、さらに、中国の外貨準備を加速させていたのです。 そのとき、きめ細かく、日本の政治に関与するジャパンハンドラーが動きだしました。

日本の官僚は、世界全体を見回した、大きな国家自立の展望も意志も持たず、ただ単に、ジャパンハンドラーのいいなりに政策を行うようになっていき、911以降は、完全に、そうなってしまった。

 しかも、「311」後、オバマの二期目の2012年になってから、アメリカの本国が変わりだしているのに、いまだに、まだ、このジャパンハンドラーばかりを見ています。すでに、利益共同体になってしまったのです。 自民党の政治家は、野党時代に個人的に弱みを握られ、しかも、2012年年末の選挙では、ジャパンハンドラーの手下に成り下がった、特定宗教団体に全面的に支援を受けたからです。

 今からでも遅くはありません。本格的に変えましょう。それには、まず、放射能の真実(危険度)を言いましょう。

そのときは、さらに多くの人間が、首都圏を逃げることになりますが、食品のベクレル表示を、生産、流通、販売で、義務付けることで、各地で、放射能対策をした真面目な生産者や販売者たちを、大いに活性化できます。

そして、なにより、すでに大量被爆してしまった人のために、比較的放射能汚染の少ない地域を明確化すると同時に、「スーパードーム」(ノン・ベクレル空間)を、各地で造らせましょう。

そのための建設資金に、富裕層や投資家の資金を出させるように、減税(相続税優遇)や各種規制を取っ払った自由度の高い、優遇措置を作らせましょう。  国が、大方針を出すだけで、民間の資金が、大きく動きます。

 今、フランスで G20での、COP21が、開催中。

こんなもの、化石燃料やウランを使ったエネルギー技術の環境基準を厳しくし(罰則も重くする)、新エネルギーを普及させることに、世界的な免税措置を設ければ、それだけ十分に、方向転換します。 

 一方で、富裕層の金融資産には、 マイナス金利をつければいい。

 富裕層の資金を、地球生命環境の修復と、文化振興に、流れざるを得なくすればいい。

日本が国家として国際政治の場で、それを言うには、今の、この、ダマシ・ゴマカシを続ける殺人国家体制をやめることが先決です。 

まあ、国家の側でやめる事ができなくても、これから、人的崩壊(死亡、疾病、発狂、事件、事故)が来年に入ると、徐々に加速度を増していき、後半には、制度も、経済システムも維持できなくなっていくでしょう。

 来年の予想と、 ダマシ・ゴマカシ・殺人体制から逃れ、変えていく方法が、大阪のテーマ になりますね。

 国民が「問題あり」と必ず気づき、本気で変えようと「決意」する日が来ることを信じで、備えておきましょう。 

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O

株式会社K2O