国の始まりを知らない日本企業社会の末路。社畜死。ラーメン食べて鼻血でたら近いぞ。

 とんでもないクニ。なんか、いま、鼻血を出す人が続出とか。これは、完全に、SOSです。  

 
 もう、1300年の国家の枠組みが、バイキン・ギャングに乗っ取られ、壊れだしているのです。

 制度に夢をかけるな。自分のイノチの声を聞け。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私の信念ですが、始まりの経緯(いきさつ)をきちんとさせないと、何事も、その組み替えができない。

このクニを変えるには、このクニ(統治体と権力)の始まりをとことん知る必要があります。

それを、このクニの特権門閥とエリートたちは、つかみ取った権力と俸給のために、戦後も、

あえて曖昧にしてきた結果が、外部のバイキン・ギャングに襲われて、国民が未来を亡くしています。

 私は、この13年間、この研究を続けてきました。

 ここ2ヶ月は、もっともややこしい時代、

     入鹿殺害~唐の太宗崩御~宝皇女重祚(斉明)・則天武后

     ~百済滅亡~白村江~高宗泰山封禅~天智即位・高句麗滅亡~壬申の乱 まで

  ずっと、全てを関連づけて、ひとつのドラマになるように考えてきました。

  大陸(中華)、西方(インド・ペルシャ・ローマ)、高句麗・百済・新羅、倭国、そして東国(関東と信濃)。

 私が、日本の古代史を見るときの最大の関心事は、

  政治的神話の神代編から、事実としての日本列島の王権成立と その変遷の基本軸(ロジック)です。       

 日本神話は、シュメールの3神 <日神、月神、武神マルドク> が 影響していますが、

  最後の 武神 に当たるのが、スサノオ です。この人物の宝が、草薙剣 です。 

 これが最初に現れたのは、古事記の神代編で、高天原から追放された後です。

 スサノオは「高志」に行っているのです。そこに居たのが、ヤマタノオロチです。

 これは、一体、どこで、一体、何者? 何 を 暗示するのか? 

  高志之八俣遠呂智(コシノヤマタノオロチ)から スサノオが取り出した、草那藝之大刀 が、 

  どんな謂れで、ヤマトタケルのときに現れ、それが次に、7世紀の事実の舞台に出て来るのか?

   天智の即位 と 天武の崩御 の場面に出てくるが、ここまで繋がっている意味は、一体何なのか?    

  日本書紀には、それぞれ、以下のように書かれています。

   ◎大津に中大兄(天智)が即位(668)するとき、

      道行という僧が、草薙剣を盗み、新羅に向かって逃げたが、風雨が荒れて迷って戻った。

      沙門道行、盜草薙劒逃向新羅、而中路風雨荒迷而歸

   ◎天武が臨終になる朱鳥(686)のときは、 

      天皇の病を占うと、草薙剣の祟りだというので、即日、尾張の熱田社に送った。

     卜天皇病、祟草薙劒、卽日送置于尾張國熱田社。

 

まあ、こんなことなんか全く考えず、明治以後の国家の近代化で、高収入こそが幸福のもとと、信じ込まされた日本人は、全員が企業社会を当然とし、安定を求めて無責任役人になるか、社畜になりました。

その社畜の、あたらしい定義を書いている(嘆息し、咆吼する)ツイッターがあります。

  悲しすぎます。みんな、死ぬな。鼻血は、SOSだぞ。 社畜死 するぞ。

 

かにちゃんと世界線@hunterkani 16 時間前  

 

        

    社畜人はぁーっ

   倒れるまで働きぃ!

   漏らすまで耐えぇ!

   耐え抜いて死ぬぅ!

   を美徳とするゥ!

      ….   以上を 私は、 日本社畜死宣言 と 命名します。

 

 PS: これを見た、20代、30代の若者よ。別の生き方がある。 私とじっくり話そう。

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ