一番追い込められているのは誰か?自分を強く見せる演出は何か?

  トランプの就任前、いろいろ事件が起きています。

トランプで何が一番変わるか? ヒラリーの後ろ側と、このトランプの後ろ側。

「あえて、深刻な問題や紛争・戦争を引き起こす」

これが、戦争屋CIAでした。この動きが、ニクソンショック後のFRBに、不可欠でした。

その結果、ISISというモンスターを生みました。

ほかにも、このグループは、FRBを支える日本についても、これを、縛ったり、世論形成するために、日本国の周辺に、さまざまなもめ事を、あえて仕掛けてきました。

この「もめ事作りだし隊」が、いろいろ仕掛けてくれることで、戦後の体制維持ができると喜ぶ人間が日本にいます。

 2017年、東アジアの政治は、複雑です。

北朝鮮は、その典型です。韓国の慰安婦問題も。 また、中国との尖閣問題は、出発は、戦後の日本に領有権がないのに、「固有の領土論」を持ち出させたこと。さらに、日本は沖ノ鳥島をコンクリートで固めて、自国領としたことで、これを真似て、中国は南沙諸島を自国領と言い張り、盛り土したうえでコンクリートで造成し、建造物をつくったこと。

 「911」以後、国際社会が学んだことの一つは、原油価格の不安定化は、紛争の原因になる。

原油やウランから新エネルギーへと順調な転換を促すためにも、中東地域の政治的な紛争解決にも、複雑な要素を減らした方がいい。

 これが、トランプを生み出した勢力の本音です。

韓国との問題で言えば、パククネが追い込まれ、韓国政府が崩壊しているところに、「民衆の意志」として、釜山に慰安婦像が置かれてしまった。これを政府は止めることができなかった。

「それみたことか・・・」と、こう叫ぶ日本人。

「泣く子は、まんじゅうを一つ余計にもらえる」ということわざがある国。

一年前に、互いを認め合った国家主権として、不可逆な合意をしたはずの問題が、その片方の政権が揺らいで、民の動きを抑えられない。民のなかに、いつも、工作員が潜り込む。

今の日本の為政者にとっては、戦争屋の大元の司令塔が壊れ、ジャパンハンドラーが処分されていく中、外交面でこの韓国に断固たる姿勢をとることで、日本国内の政治では、韓国に緩い民進党の存在は完全に消えていく。

 こんなときこそ、半島系の国会議員は、韓国の民衆に、本当の友人として、語りかけるべきなのだが・・・・。 どんな結末になるか、ここでは、まだ書けない。ヒントはローマ法王発言。

CIAは、東アジアの国家の政治状況のみならず、それぞれの民族性を、とことん研究し、メディアを使って、何をどうすればいいか、いろんなスイッチをもっていましたね。もちろん、日本についても。

イカヅチさんは、「世界で考える。その中心は、◎◎になる」と言っていた。

 では、その ◎◎とは、なんなのか?

15日、いろいろ話しましょう。

 

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ