「おう、信ちゃん、久しぶり。…(略)…あと二年で、世の中全てガラッと変わるぞ」

 おはようございます。

 昨日、特別セミナーとは別に、、皆神塾の常連さんの一人が、奥さんと一緒に訪ねてきて来ました。

 22日は参加できないが、その前に、親不知に行き、その帰りによったと。

 この人物の、歴史や、現在を観る観察眼は、とても、精緻なので、大いに刺激を受けています。

 そのとき、最近、話題の歴史家に聞いてみたいことが有るというので、

 それならば、ここで、電話してみましょうと、すぐに,携帯に電話しました。

 そうしたら、常連さんの質問に答えたあと、掲題のように、「あと二年で、世の中全てガラリと・・・」

 と、言われました。

   キチンと、これまでの人類の歩み(権力構造のシステムの変遷)を紐解けば、皆、同じ結論になります。

  このとき、 大きなうねりの原因になるもの。 これは、「羽化」といえる次元上昇 です。

 

 「希少始原の権威的分配」 という、 国際政治、すなわち、人間世界の支配の要諦が、総崩壊すること。

 

 もともと、なぜ、原油を、人類全体の、基本エネルギーにしたのか?

 そして、戦後は、 原子力を、なぜ、「平和利用」しだしたのか? 

 そして、日本では、原発を国家事業にするときに、なぜ、電力会社を「総括原価方式」にしたのか?

 そもそも、原子力委員会とは何だったのか? 

 

 原発 と ガン さらに、家電製品の工業化 は、すべて、一体のものです。

 

 戦後、世界の工場に成った日本のやり方を、1990年以後の中国はカネだけを追って、急速に真似て、中華の大地を、ボロボロにしました。 

 今、精算が始まりました。

 そして、

 いつでも、だれでも、どこでも、必要なだけ、エネルギーが 簡便に得られる 社会

 に 急速に向かっています。

 

 さあ、こうした今、地球上の人間にとって、どこが、より貴重になるのでしょう。

  誰もが求めるモノ、場所、コト は、 何になるのでしょう?

 何かを、個人で、所有したり、大量に抱えている、必要が、今後も、続くのでしょうか?

 どんな人が、愛され、心地よい人間関係をつくることができるのか?

 

 73億人の人類は、これから、急速に減っていきます。 

 生命現象を削っていく放射能だけが原因ではありません。 

 個々人が、心の宇宙に、何を持っているかの、問題です。

 そして、形而上の世界(スピリチュアル、観念宇宙)には、すべての人間の心の数だけ、

 いろいろな個々のの宇宙が生まれ、それらが、相互に影響しあったり、しますが、

 この3次元の、今の、地球の現実に、どう向かい合うか、  想像と創造のできる一人の人間として、

 自分の立場を、どう確立するか、によって、 個体としての、運命が決まります。

 (国家、宗教、通貨)は、人間が作った概念の産物です。 ここに依存している人間は・・・ その結末は・・・。

 今日の特別セミナーは、

  3つのコスモスから、 認識問題、 幸福感、  

 人類社会のダイナミズムの、ダイナモが、替わる。 

 素晴らしい可能性 と、 これまでの 6000年に、積み重なっった 「EVIL」の処分。 

 

 何をまもり、何を、捨てるか?  二年後を見つめて、 しっかり考え、決断し、実行するときになりました。 

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O

株式会社K2O