中国版GPS「北斗」を拡充させたのは、アメリカのFRBであり、金融ワンワールドだ。日本は平和国家以外にない。葛西ジイサン、自分の愚かさに震えてる?

 2012年年末、安倍が、二度目に総理大臣になったころ、中国は独自でGPSを持ち出した。

そして、アメリカは、すでにあるGPSが壊されないように、2013年に、習近平とオバマをカルフォルニアで合わせ、米中間で、絶対に戦争をしないように取り決めた。

オバマは、アメリカ国内に、どれだけ、中国からの資金が流れてきているか、その情報も2014年には習に教えていた。

すべては、FRBと、米ドル建て資産の保全、金融システムの維持のためだった。

そして、2014年年末には、中国は、宇宙空間で、自分で打ち上げた人工衛星を、自分で破壊する技術を確立した。これは、アメリカのGPSを、いつでも破壊することのできる技術でもあったが、それを、脅しに使わなかった。

国際法的には領有権を持たない尖閣を、日本国のものと強引に国有化したのは、2012年9月9日。これは、ヘリテージ財団に刺激された石原慎太郎が、東京都が買えばいいという、当時、副知事だった猪瀬のアイデアに乗って、日本国民から募金を募った。、

これに対し、民主党にいる戦争屋の犬の代表、長島が、石原は何をしでかすかわからないといって、もっともやってはいけない、日本国政府が買うという「国有化」を野田に急がせた。直前、胡錦濤から、「するな」と言われたのを野田はあえてやり、メンツをことごとく潰した。これで、日米の戦争屋は万々歳。野田は、さらに、国会をいきなり解散し、安倍政権の誕生を後押しした。

 そして、安倍は、「アベノミクス=黒田バズーカ」とともに「積極的平和外交」。

しかし、中国はアメリカと組み、日本人が気づかない宇宙で、優位性の確保に努めた。

で、GPS[北斗」を打ち上げ、さらに拡充し、2015年には完全にアジアをカバー。2020年には全地球をカバーするという。これは、アメリカのGPSの補助機能にもなれば、アメリカのGPSを破壊すれば、これだけが、人類のGPSになる。完全に、主導権を握れる。

 天地(真実)を考えず、利権だけを見ていた日本の政治家、なかでも、軍事関係者。

「311」のあと、すぐにメルトダウンしているのを隠し、「直ちに影響はない」と言い続け、2011年12月には、冷温停止で、フクシマの終結宣言を野田は出した。実際は、メルトダウンがさらに進んで、メルトスルーしていた時期である。フクシマの深刻さは、世界中の識者から言われていたのに年末に、解散。安倍内閣になって、

 オリンピック招致に、「アンダーコントロール」といった。 そして、ダダモレなのに、コントロールができている前提で、全ての国策が、各省庁で進められ、放射能の、さらなる拡散、積極的な被曝の奨励になった。

 これが、日本の権威なのだ。 

 まったく、真実を見ない日本の政治。 すべては、自分の利権、カネのために、きちんと未来を考えない。

安倍になって、アメリカの手の中、戦争屋のだまし情報と、皇国主義ファンタジーに酔いしれている中、虫の目で、中国の表面の事象をみて、「勝てる勝てる」と言い続けて、お仲間同士でその気になっていた。同胞を放射能で、どんどん被曝させながら、こっちは、「風評被害」といって言論封殺だった。

 2016年6月。ヒロシマにオバマが行ったあと、NHKがようやく、現在の人類の現実のパワーを話し出した。

安倍の指南役だった葛西さん、穴があったら入りたいんじゃないの。この5年間、特に安倍の3年間に、外務と防衛で、一体、何をした。田母神みたいなマンガを支援したんだよね。外務省と一緒になって。もう、終わったよ。「積極的平和外交」は、国際的には、まったく、ピエロだったんだよ。アベノミクスは、アメリカに金を流すばかりだったし。

 で、国家は、終わっても、また、創ればいい。それは、あの方たちがやる。第3経団連を急ごうよ。

 しかし、メディア総動員で国民をだまし、イノチを殺し続けた罪は、永遠に消えないよ。  

 

ps: 中国には、2千2百年前の、劉邦の天下取りに貢献した、韓信なみの知将がいましたね。

   でも、自分の国の弱点も知っているでしょう。 水と汚物。 飯山大魔神、頑張って。

   あと、本当に、快適な空間を創れるのかどうか? 成金になっても、行儀が悪すぎるしね。 

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O

株式会社K2O