英語の達人、松本道弘氏による「君が代」英訳とその理解は、地球人全体の宝になる。それにしても、ワシントンは今、どうなっているの?梅デン爺ィ、大統領令、出しすぎじゃない?

日本のアイデンティティーをどこに置くのか?

日本文化の核心は、音声による日本語、なかでもその響きですが、

では、この日本列島にできた統治体をどう捉えるか?その連続性は?

これを、国歌「君が代」の中に、松本道弘氏は捉えました。

かねて、古神道と縄文文化まで淵源を探っていた英語の達人。

以下のような、考察の後、見事に、「君が代」を英訳されました。

わたしは、称賛を通り越えて、畏敬の念を禁じえません。

ただ、このなかでも、「ヤマト」がないのですが、これは、私たちの課題。

精神と活動の次元で、ジャンプアップに向かっている世界と日本のことですが、

まず、アメリカ国内で、首都のワシントンDCがどうなっているのか?

これを考えさせる動画があります。停電と大量のバスでの人員輸送です。

Mass arrest at the capitol (米議会議事堂での大量逮捕) – ニコニコ動画 (nicovideo.jp)

シェア元は、以下のようです。

メモ つながっているこころ 2 (fc2.com)

私に、この情報をくれた方からは、以下のコメントをいただきました。

「サイモンパークスさんによれば、今アメリカには2つのオフィス:

売電政権と軍の支配下:が存在し、売電政権の出す大統領令には意味がない、

とのこと。私もそう感じます。上の動画の通り、DCは完全に軍の管制下にありますね。

 

 今、NHKとか世界に流しているホワイトハウスは、Qが言う通り、キャッスル・ロック

 なのでしょうね。MSMも皆、そこに取材に行ってるのでしょうから、ほんと、犯罪的ですね。

 動画を見ての通り、DCに従来の国会・行政の機能は、今は無いと見えます。」

ここで考えたいのは、就任後1週間に行ったバィデンによる大統領令の連発です。                   これは、何を意味するのでしょう。※MSMとは、映画スタジオのことのようです。

私たち日本国民がTVなどで見る大手メディアの情報とは別に、米軍の関係者が、                これまでのワシントンに巣くった官僚や事務官を、ドブ攫いしているのかもしれません。

一方、中国国内もこれまでの外交戦略の破綻で内紛が加速しています。

ここでアメリカが、台湾を正式に国家として認めれば、二つの中国を認めない立場の共産党政府は、完全に国家の正統性と存続意義を失いますので、強硬策に出るしかなくなります。

が、実際にそれをした場合、大陸内の普通の中国人のみならず全世界の中華圏の人間が、今の北京政府からますます離れるでしょう。そして、より穏やかで、正直で、謙虚な政権や統治体を求めることになります。この点、中には、内戦から大陸の中華世界の分裂を言う人もいますが、その場合の損失が大きすぎます。すでに大陸内の経済活動は何重にも入り組んでおり、豊かさを維持するにはとても分裂できないでしょう。

そうした激変の事態が視野に入っている現在、今のバイデン政権は、米軍に対し、どんな指令をだすのか?さらに、日本国に、どんな役割をさせるのか? そのときの米国は、ほんとうにバイデン政権のままで、実権をもっているのでしょうか?

なにか、別次元からの「チカラ」が働いているとしか、思えない状態です。

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。