「五輪返上は今からでも遅くはない」BY村田光平

村田光平先生から以下のメールがきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
皆様

お届けした下記のBCC英文発信での、五輪返上は今からでも遅くはないとの指摘は反響を呼んでおります。
アジアの著名な国際政治学者からは
”Thank you dear friend. Even if the Olympics are held your persistence
will be a beacon for others. ”
との激励をいただきました。

9 月 14、 15 日には「フクシマの危険を黙殺させない東京オリンピックのために」と題するシンポジウムがドイツのドルトムントで開催されるなど国際社会の動きが注目されます。
ご報告した「東京五輪がもたらす危険」と題する著書がこの程出版されたこともあり、反響が予見されます。

このたび台風がもたらした千葉県での深刻な大規模停電、嘲笑すら招く五輪の酷暑対策の無策振り等は、天災超大国として求められる安全意識の重大な欠如と無関係ではないと思われます。
今回の台風が福島第一を襲っていたなら排気筒が倒壊し、東京が住めなくなくなるような恐ろしい事態が発生したかもしれないのです。
54基もの原発を建設したことは過ちであることを認めながら脱原発を急がないことは不道徳、無責任のそしりを免れません。
国も、電力会社も、国民も代価を払う「三方一両損 」による脱原発を急ぐよう改めて訴えて行く所存です。

皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。

村田光平
(元駐スイス大使)

>(BCC発信)
> > Sent: Saturday, September 14, 2019 3:33 PM
>
> Dear Friends,
>
> Mr.Akio Matsumura,former UN advisor,one of my close collaborators,has sent
> me the attached message from one of his friends.
> The radioactive contamination emanating from Fukushima reaches undeniably
> the West Coast of The United States and now gives rise to the sense of
> crisis among the local population thanks to his unceasing endeavor.
>
> With warmest regards,
> Mitsuhei Murata
>
> (Message from one of Mr. Matsumura’s friends)
>
> Akio,
>
> This is the most powerful statement I have heard from a Japanese
> dignitary. Ambassador Murata haas the courage to speak the truth as few
> others have dared. He has displayed his own sense of honor, as I would
> hope more in Japan will do before it is too late. As it is here in
> California, elected officials don’t display the courage to speak the
> truth for of fear of powerful interests. As has been said many times, the
> only thing necessary for evil to triumph is that good people do nothing.
> Best, Gregg
>
>> On Sep 13, 2019, at 5:26 AM, Akio Matsumura wrote:
>>
>> Dear Gregg
>> I am conveying to you the important message of Ambassador Mitsuhei Murata
>> on the situation of Fukushima nuclear accident.
>>
>> Ambassador Murata has warned to the political leaders on the safety
>> issues of the nuclear energy policy long before the Fukushima nuclear
>> accident. Ambassador Murata made courageous appeal at the public hearing
>> of the House of Councilors of Japan.
>>
>> He is greatly concerned about the health issues of children and women in
>> Fukushima, and he raises the deep concern on the potential risk to
>> participants in the Tokyo Olympic Games.
>> The public will raise the moral issues if the IOC continues to ignore the
>> repeated requirements.
>> Akio
>>
>> Dear Mr. Matsumura,
>> There is a move in Europe to organize demonstrations to express serious
>> concern as regards the health of children and women in Fukushima, still
>> under the nuclear emergency state decree. Outside Japan, few believe the
>> “under control” assertion.
>> As the Tokyo Olympic Games approaches, the concern will certainly deepen.
>> The participants in the Games may feel threatened and will naturally
>> require
>> reevaluation of the problematic assertion. If the IOC continues to ignore
>> the repeated requirements, it will certainly face the flaring up of
>> criticism.
>>
>> Japan should retreat from the “immoral and irresponsible” Tokyo Olympic
>> Games
>> to save her honor. I believe it is not too late.
>>
>> Mitsuhei Murata
>> Former Japanese Ambassador to Switzerland”
>>
>>


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。