《止められない不都合な真実の表面化》12月4日、グリーンピースジャパンが10、11月にJヴィレッジ周辺での放射線量を調査したところ、ホットスポットを検出したと発表。村田先生のメール

村田光平先生からです。
転載します。

村田先生は明日午後2時、内幸町ホールに樋口夫妻と来られます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
皆様

東京五輪出場選手たちと1000万人~2000万人と言われる内外の観客にとり、健康面の安全の確保は重大関心事の筈です。
福島隠しはそろそろ限界です。
不都合な真実の表面化が続きます。
15日、ドイツ在住のグローガー理恵さんからよせられたメールを転送いたします。
特に、下記報道が注目されます。

12月4日、グリーンピースジャパンが10、11月にJヴィレッジ周辺での放射線量を調査したところ、ホットスポットを検出したと発表しました。
このことについては、産経新聞が報道がしています。https://www.sankei.com/life/news/191204/lif1912040003-n1.html
また、英紙ガーディアンも、このことについて報道しています:
Radiation hotspots ‘found near Fukushima Olympic site’
https://www.theguardian.com/world/2019/dec/04/radiation-hotspots-found-near-fukushima-olympic-site-greenpeace
当然のことながらこれらの報道の反響が予見されます。

 村田光平
(元駐スイス大使)

—–Original Message—–
Subject: IPPNWドイツ支部署名運動「放射能汚染地域での五輪競技はお断り!」の紹介文です

村田光平先生

いつも貴重な情報をお送りくださいまして、ありがとうございます。
興味深く拝読させて頂いております。

村田先生もご存知のように、核戦争防止国際医師団会議 (IPPNW)
ドイツ支部は11月に「東京 2020ー放射能オリンピック」キャンペーン
のアクションの一環として「放射能汚染地域でのオリンピック競技はお断り!」
ー 国際署名運動キャンペーンを始めました。

この署名運動は、日本政府と国際オリンピック委員会(IOC)にあてた
もので、「福島市での野球・ソフトボールのオリンピック競技を断念し、
福島県の放射能汚染地域での聖火リレーを取り消してほしい!」と、
要求しています。
その件に関連したことですが、お知らせ申し上げたい緊急ニュー スがあります:

12月4日、グリーンピースジャパンが10、11月にJヴィレッジ周辺での
放射線量を調査したところ、ホットスポットを検出したと発表しました。
このことについては、産経新聞が報じています。

また、英紙ガーディアンも、このことについて報道しています:
Radiation hotspots ‘found near Fukushima Olympic site’

fukushima-olympic-site-greenpeace

添付させていただきましたIPPNWドイツ支部による国際署名運動キャンペーンの紹介文は、このグリーンピースのホットスポット検出に言及し、いかに放射能汚染が緊急問題であるか、ということを訴えています。 IPPNWは常に、除染 作業の効果についての疑念と懸念を表明してきました。 そして、この様に酷く汚染されたところでオリンピック競技や聖火リレーが行われるというのは緊急にチャレンジすべき問題である、と、IPPNWは皆さんに訴えています。

また、このホットスポットの検出については、
次のIPPNWニュースレターで取り上げるそうです。
IPPNWは、他のInsitututionとの意見交
換の中でもこのホットスポット問題に 触れると言っています。

詳しくは添付させて頂きましたIPPNWドイツ支部の署名運動の紹介文をお目通しくださいませ。この紹介文は近日中にIPPNWドイツ支部のホームページ日本語サイトに掲載されることになっています。 さらに、この日本語文を英訳しましたので、それも一応添付させて頂きます。

署名運動は1万人の署名をターゲットとしていますが、このターゲットを達成できるまでには、まだまだのようです。

どうぞご協力をお願い申し上げます。

グローガー理恵

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。