《世直しコロナと国連倫理サミット》日本の尽力で国連倫理サミットを実現させることにより、傷ついた日本の名誉挽回を図ることが望まれます。by村田光平

村田光平先生からです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様

日本の現状に深く失望しております。

政治家の原発に対する姿勢の模範を示しているのは、マレイシアのマハティール元首相です。2014年に3通の親書をいただいておりますが、人間は放射能を無害する技術を有さず、廃棄物の処理もできないことなどの理由からマレイシアは原発を導入することにあくまでも反対の立場を堅持しているとの素晴らしい見解を同親書でお伝えいただき、感銘を受けたことが想起されます。

原発の安全に責任を負わないと公言する原子力規制委員会に再稼働を許可する権限を与えているのが日本の嘆かわしい現状です。原子力村は存続し『出鱈目』がまかり通っております。市民社会の懸命の提言は無視されるのみです。

しかし、福島事故がなかったかのように東京五輪を利用しようとした企ては頓挫しました。無責任・不道徳な五輪中止は不可避となったのです。しかし、五輪と原発とは表裏一体と見抜かれており、国際社会での日本の名誉は深く傷つきました。これを放置してきた国民は反省を迫られているといえます。

不道徳の永続を許さない歴史の法則(天地の摂理)はすでに表面化しております。

この法則に沿う「世直しコロナ」の存在が看取されだしており、国民が反対する諸プロジェクトの挫折を生んでおります。リニア新幹線、カジノ等々同様にその照準に収められつつあるのは原子力独裁だと認識しております。

罪深い原発の新設が許される筈がありません。

世界が直面する真因が倫理の欠如であるとの認識が広まりつつあります。この認識については米大統領選挙の現状との関連で米国の知人からも賛同のメッセージが寄せられております。

地球倫理の確立、そして力の父性文明から和の母性文明への移行を目指す国連倫理サミットは、日本の歴史的使命である核廃絶への入り口とみなされるもので、すでに国際的支持も強まりつつあります。

日本の尽力で国連倫理サミットを実現させることにより、傷ついた日本の名誉挽回を図ることが望まれます。先日お届けした菅総理宛メッセージで同サミットの実現に中国との協力を提言した所以です。

同サミットは危険な430余基の残存原発対策として今後の重大課題となっている脱原発の国際化にも貢献すると思われます。原発の過酷事故再発の可能性が軽視されている現状は早急に改める必要があると確信いたします。

皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。

田光平
(元駐スイス大使)

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。