「あたかも金(カネ)に繁殖能力あるかのごとく、 金に金をうませるは最も不自然なり」これ誰の言葉か知ってる?

掲題の答え:アレクサンダーの師だった、アリストテレス。
マネーの悪魔性を、秦始皇帝よりも100年以上前に言っていたのです。
だから、アレクサンダーは北インドでブッダの弟子の言葉に反応したんですね。

アリストテレスは、こうも言っている。簡単なものを。

・最大の美徳は、他人の役に立てることだ。
・自然には何の無駄もない。
・唯一の安定状態は、法律の前に 全ての人間は平等ということ。
・理性は、神が魂に点火した 光なり。

今日は、<日本や世界や宇宙の動向>の二つの記事を紹介して終わり。
このブログ主さんは「日本が崩壊すれば、世界が崩壊する。それを知らない人たちが世界には多すぎる。日本が蘇れば世界が変わる。宇宙も地球も世界も日本列島も、みんなつながっている。」といいます。そのとおり。
今、ブロックチェーンで、マネーの悪魔性の「制御」に、世界の叡智は入っています。
今のままの日本(安倍様と、忖度官僚・お手盛り帝国)では、人間の魂が腐っていくばかり。
大きな改変は不可避です。まずは、自分で自分の世界をもとう。
「コーエン証言」の検証と、三峡ダムの崩壊危機。

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。