11月はどんな月になるかと思ったら、原子力ムラのトップの田中俊一がギブアップしたようですね。変な事件が連発するよ。

こんにちは。
今の世界情勢を言うと、各国の経済指標を壊さない、という合意や操作がある。これは、まさに、金融ワンワールドの世界です。指標を壊さないのであって、実態は、もうわかりません。
特に、個々の人間の財布や預金や資産など、本当に、指標通りにあるのかどうかは別です。
公務員・大企業のマネーを最優先で確保している。これだけなのでしょう。

そうしたうえで、各国の合意としては、次は、戦争を起こさせない。
これには、Qたちが、動く。これまでの戦争屋がどこにいるかも、皆知っている。
この11月は、いよいよ、日本列島での「処理」が始まったのでしょう。

その結果、思惑が外れた戦争屋やこれまでそれに従ってきた人間(汚い仕事を受けてきた人間)は、
いろんな方向に動くでしょうね。
具体的なことは書きません。そうした人間は皆、攻撃的になりますから。
ここで、一言書くとすれば、「危ないところにはいかない。常に安全を最優先に考える」

私の住む千曲川流域の地域では、これから復旧の仕事がたくさん出る、と皮算用している社長たちもいます。
そんな人から、国道18号(通称アップルライン)にある二つのモーテルが12日の台風19号で水没し、一階の車庫のクルマが完全に水浸り、階段にどんどん水が上がってきて、二階から降りるに降りられず、結局3日間、閉じ込められた客もいたと聞きました。
「誰だか知らんけど、しょうしいなあ(長野方言で、恥ずかしいなあ)」

水が引いて、大工が入って、設備屋が入って、と、まあ、社長たちは逞しいや。
でも、これ、来年以降も来るんだろ。もう、国造りを、完全にし直さないといけないよね、と。
台風15号が襲った千葉では見舞金を300万円をもらっても、その金額だけでは、屋根をふき替えるわけにもいかず、なにより、大工も職人も集まらない。
 これは、被災した家では、どの地域でも、みんなそうでしょう。
結局、ホテルに泊まったり、知人や親戚の家にお邪魔するしかない。
棲んでいた家を捨てるか、建て直すか、の判断も難しい。保険に入っている人間はまだ対応できますが。被災したままで、また次の豪雨、暴風、大雪が来れば、家は傷むばかりになる。
マンションでも、水回りや電気系統に異変。

この11月初めは、3連休。
日本国で法的には最高権力者のシンゾーさんは、タイのアセアン首脳会議に行きました。その飛行機が出発前にボヤ。白川郷で、放火事件。

私の想像です。
「おいシンゾー、タイではアセアンに大判振舞いするだぞ。」これ、華僑系からの圧力かな。
さらに、
「メディア向けに韓国の文在寅と仲良くなるのはいいが、絶対に日韓協定の事実は言い続けろよ。徴用工のことは認めてもいいが、あいつらのやり口は、絶対にのさばらせるな。」
「日本国内に、お前の周りに、どんなに「中国嫌い」がいても、李克強とは、仲良くしろよ。財界にとって、中国なしには未来が見えないし、もう、彼らのITやスマホ決済、さらに5Gは、対立するなんて段階は通り越した。組んだ方が得」
海外の首脳も、シンゾーが権力者のうちに、好き勝手にやろうぜぇ~、とみんなが思っているのかな。

インチキ数字できれいごといって、メディアで「やるやる、やっている」詐欺ばかりで、その真の狙いが、仲間内に国のオカネを配ることだって、もうバレちゃったから、あとは、馬糞の川流れみたいになる。
台風と豪雨、IOCからマラソン会場変更が表面では「きっかけ」に見えますが、安倍政権の実態を知っているQや王族会議は、9月の国連総会が終わってから、この大馬鹿政権の処理に入ったということ。

しかも、ボロボロになった大旦那からは、いろいろと貰えるものをもらっちゃえと。
あの10月22日に実施された令和の「即位礼正殿の儀」ですが、この儀式のあらましを取り仕切った人物が分かりました。宮内庁側からは、今回、完全に神社本庁が外されていました。第二神社本庁を目指すグループの関係者でした。この儀式に、愛知県の大村知事が呼ばれたくらいですから、「皇国神話ファンタジー」を続けたい人間たちを、世界中で否定にかかったわけです。

ところで、雑誌「選択」に、原子力規制委員会の前委員長 田中俊一さんのインタビュー記事がありました。以下です。
最後にこうあります。「日本の原発は、一度、なくなるんじゃないかな」

「選択」の「巻頭インタビュー」のPDF版は次からどうぞ!! → 191103_1911_選択_田中_日本の原発はこのまま消滅へ

国家のカネの使い方を、自分で変えられない国。特に、財界・メディア・司法・官僚・御用学者。
しかも、世界中に迷惑をかけっぱなし。それならば、みんなで管理するか、ってことに最悪なりますよ。

「お前ら、自分では何もできないんだろ」とはっきりわかるような、事実・事態が突き付けられるのではないでしょうか。

今、進行している事態を、きちんと受け止めて、早め早めに「手を打った方がいい」でしょう。
メディアは、最後まで、自分とスポンサーにとって、都合のいい情報しか流しません。
政治参加(投票先の選定や政策提言)はもちろん大切ですが、個人の生活を考えるとまず健康に生き抜かないと。
「金融ワンワールド」や王族会議が、本気でこの日本列島の統治体制や統治のプレーヤーを変える、判断をするとすれば、それは、何時、どんな手順で、何を仕掛けてくるのでしょうか?
列島中の、明治以来のエスタブリッシュたち(門閥、大企業、官僚など)は、それにどう抵抗するのでしょう。大企業は、すでに来春までに数十万人をリストラの予定とのことで、彼らには、きっと内部留保のマネーが用意されているでしょう。
派遣の人間や中小企業にはそれもありませんから、個人間での「信頼」関係がすべてになりますね。

国家(統治体)が腐って、自浄作用がないまま、壊れだしている中、どう生きるか?
とにかく、自分にとっての「生存」と「新しい希望」の為に、動くしかなくなりました。
みなさん、これから寒くなりますが〈中野市は昨日の朝、2度でした)、鍋でも食べて、お達者で。

【ご案内】『皆神塾(東京)』(12月14日)のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!!

DVDキャンペーン

12月14日に「東京」で開催した新井信介講演会『皆神塾(東京)』のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!!

<テーマ>:『行き過ぎた「予定調和」がもたらした悲劇を消せ!!』

<総論>:

◎Qたちの最終仕上げ。 NHK東京直下地震を特集。 処理のスタートは2012年冬至
◎悪魔の本拠は、「独善をいう概念」。キリスト教と、国家神道。フランシスコの引導
◎金融ワンワールドは、資本主義を卒業する。合成覇権通貨への準備
◎マネーの本質を洗い直し、「国家」と「市場」と、「心を動かすエネルギー」と
◎安倍晋三とその背景を徹底的に列島民と世界に知らしめる。 年明け「処分スタート」
◎準備を始めたユニバーサルチャイナ。 秦河勝とリニアの行方。 白山の泰澄 川勝知事と王毅外相

最大の犠牲者は、「自分の幸福を、マネーで、社会階層の中に見つけようとしたこと」
金融ワンワールドは、列島民がマネーを単なる道具と自覚するまで、「演出」をつづける
マネーでの金融破綻は起こさない。「持てる者」の意識をとことん変えさせる
どうなるソフトバンク?
要注意日は?2月11日。その前に、衆議院選挙はあるか? 地震は?

販売価格は、通常価格6000円のところを、2020年1月末までにご購入の方は、キャンペーン価格の「4000円」(瓊音倶楽部会の方は、「2000円」)でご提供します。
尚、恐縮ですが、別途送料380円を頂戴します。 (注)10月からは消費増税となりましたが、DVDの価格はそのままで、従来と同じ「4000円」で販売させて頂きます。ただ、送料については「380円」に変更させて頂きました。

全編で、2時間41分(161分)です。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp
弊社HPの「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。
次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→ 「皆神塾(東京)」DVD(12月14日開催)
「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。》

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。