TOKYO2020について米誌はフクシマの安全性を疑問視by村田光平;Is Fukushima Safe for the Olympics? | The Nation;

村田光平先生からです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
皆様

7月25日付米誌”THe Nation”は、
<オリンピックに向けて福島は安全か?>と題した記事を掲載しております。
同記事及びこれに関するBCC英文発信をお届けいたします。
その中で同記事の内容として、
福島は安全でないこと、放射線汚染度が高いこと、五輪聖火が
そのような地域を通ること、現地での復興は進んでいないこと、
病人、死者が出続けていることが書かれていること、
東京五輪は未だ多くの乗り越えるべき障害を抱えている
ことに言及いたしました。

村田光平
(元駐スイス大使)

Sent: Saturday, August 17, 2019 9:14 PM

Dear Friends,

The influential American Magazine “The Nation”,dated July 25,published an
article
“Is Fukushima Safe for the Olympics?”.

I am sending you some impressive excerpts.

” Fukushima is not yet safe, and no amount of sunny rhetoric from Olympic
bigwigs as well as Japanese politicians, can make it so.”

“With two hours to drive before hitting Fukushima, his dosimeter read 0.04;
anything above 0.23, he told us, was unsafe. The needle jumped further as we
approached the nuclear plants and attendant cleanup operations. Outside the
Decommissioning Archive Center, it moved into unsafe territory with a 0.46
reading before spiking to a truly alarming 3.77 as we approached Fukushima
Daiichi Unit 1 reactor, one of three that melted down. The Olympic torch run
is currently scheduled to pass through some of these high-contamination
areas.”

“What was destroyed by the earthquake, tsunami, and nuclear meltdown hasn’t
been rebuilt. Many businesses also have been “abandoned by owner,” an
all-purpose explanation for the state of things. ”

“The local people have come to me and told me to tell the world what is
actually happening,” she said. “That’s where I get my strength. There are
people getting sick. There are people who are dying from stress. The world
needs to know.”

The Tokyo OLympic Games 2020 has yet to surmount so many serious obstacles.

With warmest regards,
Mitsuhei Murata
Former Japanese Ambassador to Switzerland

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

6月9日開催『皆神塾(東京)』DVDの内容紹介ビデオ

6月9日に開催した『古代史研究会(第3回)』DVDの内容紹介ビデオができました!
20分のビデオですが、新井先生が、講演内容の概略を説明されています。
皆神塾にご来場いただいた方はご存じですが、講演会自体は2時間46分(166分)ですから、もちろんこれ以外のお話も盛りだくさんです!!

現在、このDVDをキャンペーン価格で販売中です。DVDの内容などの詳細については、次のリンクからご覧ください。→ 6月9日「古代史研究会(第3回)」DVD

DVDのご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→
TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026
携帯: 090-5804-5078
E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。