自民党の改憲本部。嘘インチキを広める。神武天皇のY染色体が今上に続いているって。沖縄タイムスがファクトチェック。

あきれ返る事態が、2022年3月の時点でも、続いています。

自民党の改憲本部が、どうどうと、嘘のツイートを発信しています。

神武天皇は実在はおろか、現代の令和天皇にもY染色体が続いていると、真顔でつぶやいています。

そのファクトチェックを、大手メディアは、どこもしないままだった。

それに対し、沖縄タイムスが以下を伝えています。

神武天皇と同じY染色体? 自民党改憲本部長の投稿 宮内庁「遺体は発見されていない」 #ファクトチェック

2022年3月28日
 自民党憲法改正実現本部長の古屋圭司衆院議員が今月、神武天皇と現在の天皇陛下が「全く同じY染色体である」とツイートした。本紙がファクトチェックすると、結果は「根拠不明」だった。

 自民党憲法改正実現本部長の古屋圭司衆院議員が今月、神武天皇と現在の天皇陛下が「全く同じY染色体である」とツイートした。本紙がファクトチェックすると、結果は「根拠不明」だった。

古屋圭司自民党憲法改正実現本部長が神武天皇の染色体に言及したツイート

 

古屋氏は今月6日、ツイッターにこう投稿した。「天皇制度は如何(いか)に男系男子による継承維持が歴史的に重要か、神武天皇と今上天皇は全く同じY染色体であることが、『ニュートン誌』染色体科学の点でも立証されている」と記した。

リツイートと「いいね」は計7千近くに上る。

神武天皇は初代天皇とされる。宮内庁は本紙取材に「日本書紀などの文献に基づき歴代天皇に数えているが、実在するか否かについては諸説ある」との見解を示した。

奈良県には神武天皇の墓という位置付けの場所もある。ただ、管理する宮内庁は「神武天皇のご遺体が発見されたということは承知していない」と述べる。

Y染色体は父から男子に受け継がれる。しかし、神武天皇は実在も遺体も確認されておらず、「神武天皇のY染色体」をどう検査したのかは不明だ。

古屋氏はツイートで「ニュートン誌」を自説の裏付けに持ち出した。 ところが、科学雑誌「ニュートン」を発行すY染色体に言及した記事はない」と否定した。

古屋氏は真意を問う本紙の取材に回答しなかった。岐阜5区選出で当選11回。国家公安委員長などを歴任し、現在は自民党総裁直属の憲法改正実現本部の本部長として各地で改憲を訴えている。(編集委員・阿部岳

【参照】
古屋圭司衆院議員のツイート
https://twitter.com/Furuya_keiji/status/1500394514196103168

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自民党は、自分たちが考える国家像、国家観の最も基本的な天皇像について、こんなおとぎ話の次元で、しかも、雑誌「ニュートン」をつかって、嘘をつきまくっているのです。検証すらしない。しかも、その姿勢を、何も、チェックしない大手メディア。これが、今の日本のナラティブなのです。

この問題は、国民がどんな政党や政体を選ぶかでは、特に重大問題です。

 

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。