痛みは減ったが、腫れまだ引かす。自民党安倍政権はどんどん牙も毒も抜かれ、もはや悪辣な奸智も発揮できない?

おはようさん。
昨日から友人(といっても、企業の社長さん2名)が来ています。当初、山梨からの帰りに、パワースポットの小菅神社に行きたいとのことなので、なんとか脚の回復を試みましたが、通常通りに歩けないと歩行時間が大幅に遅くなるで、今回は、断念して貰いました。
食品や発酵にかかわる仕事をされているので、ヒスイや姫川薬石にとても興味ある方でした.こちらの話をしました。

私の最新の関心事は、古代史で言えば、イザナギとイザナミが分かれることになった、黄泉比良坂(ヨモツヒラサカ)のこと。
日本の建国神話は、ここでイザナギが桃の実を三つ投げてイザナミを現実世界に出てこないように追い返して(捨てて)から、自分は「穢れた」といって、まず左の目を洗うと、そこからアマテラスが生れ、右目を洗うとツキヨミ、そして、鼻からスサノオが生まれた、という話になっています。黄泉に行き、そこに押しとどめたイザナミを、穢れたものと書いていることに、この列島の統治体ができた頃からの、自分にとって都合の悪いものを汚いものとして、見ないで済ます(隠す)「悪業・悪癖」があるのではないか、と思えてなりません。
 アマテラス、ツキヨミ、スサノオの三神を、実在の人物の様に考えるよりも、一つの象徴として捉えるべき、というのが私の見方です。この三神の言うときに、イザナミはどうなった、といつも、心に引っ掛けておきましょうね。

で、昨日は、上記の友人と、「目で見る」という行為について、その重要さと同時に、おもわぬ落とし穴があることを話しました。
眼による視覚とは、視線という言葉があるように、直線です。眼は、画像として多くの情報を取り込んでいるものの、どれを認識するかは、意識がどこにあるかによります。
その上、視覚には、もともと身体構造上、死角に入ってしまう角度もあるのです。
つまり、眼とは、存在を、すべて認識しきれない。しかし、一点を見つめた場合には、とことん、その事実をつぶさに観察することができる。

では、この視覚を失った人は、どうなのか? 視覚がなくても、聴覚や嗅覚がありますね。
聴覚も嗅覚も。全方位に向けて感覚は伸びているのです。何かの存在やその行為や異変を感じ取るのは、聴覚や嗅覚なのです。
もし、視覚に加えて、聴覚も失ってしまったらどうなる? たとえば、ヘレンケラー。
生きている何かの存在の、イノチの鼓動や魂の響きのみは、直接的に感じ取れるのではないでしょうか。その存在は自分に対し、どういう立場なのか、つねに、真実を見極めるしか、自分自身の生存が確保されないところに、いるのです。
 きっと、国家や、権利、マネー、なにより、マスメディアのがさつな情報操作とは無縁な世界にこそ、真の創造の世界の入り口がある。そんなことを話しました。

蛇足
それにしても、「かの方」は、選挙前の重要な時期にわざと吉本新喜劇の舞台に自ら上がったのですよね~。そりゃあ~Qたちは、マイティ-O-ルさんの、毒も棘も抜ことになりますよ。その上で、喜劇を演じさせることになりますわなあ~。

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

6月9日開催『皆神塾(東京)』DVDの内容紹介ビデオ

6月9日に開催した『古代史研究会(第3回)』DVDの内容紹介ビデオができました!
20分のビデオですが、新井先生が、講演内容の概略を説明されています。
皆神塾にご来場いただいた方はご存じですが、講演会自体は2時間46分(166分)ですから、もちろんこれ以外のお話も盛りだくさんです!!

現在、このDVDをキャンペーン価格で販売中です。DVDの内容などの詳細については、次のリンクからご覧ください。→ 6月9日「古代史研究会(第3回)」DVD

DVDのご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→
TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026
携帯: 090-5804-5078
E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。