村田光平先生の所感・・・独走する原子力規制員会。・・・愚かなり。彼らは、ガイアの働きも心も知らない。今、大清算に入り『天行健』が起きるぞ。

まず、本日 村田先生から以下のメールが来ました。
・・・・・・・・・・・・・・・・
皆様

所感をお届けいたします。

原発の安全に責任を負わないとする原子力規制委員会が
そのまま存続し、福島原発事故により本来終止符を打たれて
しかるべきであった「核燃料サイクル政策」の中核施設の本格
稼働への道を開く審議を開始したことが報じられました。

原子力政策は「独裁」に立脚することを改めて想起させます。
市民社会は無力感に襲われます。

しかし世界を一変する「世直しコロナ」が希望を与えてくれます。
原発も東京五輪も同根です。「独裁」に支えられているのです。

「世直しコロナ」は不道徳の永続を許さない歴史の法則に沿い、
カジノ、リニア新幹線等々に加え、遂に地球上の独裁をも照準に
収めつつあるようです。

これが市民社会の直観です。

村田光平
 ---------------

そして、12日は以下が届きました。
 ・・・・・

皆様

本日(12日)発出したBCC英文発信をお届けいたします。

去る6日、山中伸弥教授が来年の東京五輪の見通しに関してその開催に熱心に取り組んでおられる安倍総理に対して悲観的な見通しを伝えたこと、日本の市民社会はこの見方に組すること、中止となれば政治、経済的インパクトは測りがたいほど大きく、一日も早い結論が望まれること、国際社会の立場が決め手となる旨などを指摘しました。PCR検査数の異常な少なさと東京五輪配慮とが関係ありとする見方が有力であることにも言及いたしました。

コロナはなくなっても福島の放射能は残存する旨付言いたしました。
東京五輪の帰趨は益々重要な世界の関心事になりつつあります。

村田光平 (元駐スイス大使)

(12日発出 BCC英文発信)
Dear Friends,
Prime Minister Abe remains still attached to the holding of the Tokyo Olympic Games next year.
It is increasingly suspected as the very cause for the abnormally low numbers of the PCR tests.

Professor Shinya Yamanaka, Nobel Laureate, had a talk with Prime Minister Abe in a You Tube program on May 6, and expressed his pessimistic outlook on the possibility of holding the Tokyo Olympic Games next year.

Prime Minister Abe is still pinning his hopes on the improvement of the situation thanks to a new vaccine.
Japanese civil society sides with Professor Yamanaka’s pessimistic outlook.

The IOC has recently announced its intention not to accept another postponement.
In view of the ordeal imposed by Corona-15,there is growing opposition in Japan against the required heavy financial burden.

The final decision of cancelation, if reached, will have an enormous impact,
both economic and political in Japan.
In view of the unimaginable amount of problems and troubles it could bring
about,the sooner the conclusion, the better.

The role of the International Community would be crucial.
Corona-15 could disappear in the final end, but Fukushima radioactivity remains.
With warmest and highest regards,
Mitsuhei Murata
Former Japanese Ambassador to Switzerland

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一方、私がよく閲覧する渾沌堂(春曲丼)に以下記載がありました。
https://banbutusedou123.blog.fc2.com/blog-entry-534.html#comment211
私にはしては珍しく、以下の書き込みをしました。
渾沌堂主人とナオトさんの素敵な書き込みに刺激を受けたからです。

どなたか、ナオトさんが引用した「黒曜石は夢見ている」さんに、
連絡のつく方はいませんか?是非、私のメッセージをお届けください。

<私の書き込み>

渾沌堂さん、ナオトさん。
私は、お二人を永遠に忘れない。

貴方たちは、真のイザナミ=ガイアの心と機能を知っています。
 これからの人類の基盤と、
 これまでの虚妄の在処を見事に明察されました。

特に以下です。

「地球の生き物の浄化作用 それがこの星が 
 何万年も 何億年も 生命に溢れていた理由

 この星の住人と この星にやってきた者との違いも そこにある

 この星の住人には この星の生き物と同じように 
 他人や動物たち 他の生き物を癒す 浄化機能を持っている

 他人の毒を 引き受ける  世界の毒を 身に浴びる 
 浄化作用を持っていると 

 そんな役を担うことも まるで吸い取り紙のように 
 世界の悲しみ 辛さを吸っていく・・・・・」

これがガイアです。イザナミです。水分(みくまり)の神。

このチカラは、白山に隠されていました。

気付かせてくれて、ありがとう。

2020/05/14 Thu 02:47
  -----------------

私たち人類は、これまで、世界の白山神界の心と働きに
気付かないまま、そこに甘えすぎていたようです。

【ご案内】『皆神塾(東京)』(12月14日)のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!!

DVDキャンペーン

12月14日に「東京」で開催した新井信介講演会『皆神塾(東京)』のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!!

<テーマ>:『行き過ぎた「予定調和」がもたらした悲劇を消せ!!』

<総論>:

◎Qたちの最終仕上げ。 NHK東京直下地震を特集。 処理のスタートは2012年冬至
◎悪魔の本拠は、「独善をいう概念」。キリスト教と、国家神道。フランシスコの引導
◎金融ワンワールドは、資本主義を卒業する。合成覇権通貨への準備
◎マネーの本質を洗い直し、「国家」と「市場」と、「心を動かすエネルギー」と
◎安倍晋三とその背景を徹底的に列島民と世界に知らしめる。 年明け「処分スタート」
◎準備を始めたユニバーサルチャイナ。 秦河勝とリニアの行方。 白山の泰澄 川勝知事と王毅外相

最大の犠牲者は、「自分の幸福を、マネーで、社会階層の中に見つけようとしたこと」
金融ワンワールドは、列島民がマネーを単なる道具と自覚するまで、「演出」をつづける
マネーでの金融破綻は起こさない。「持てる者」の意識をとことん変えさせる
どうなるソフトバンク?
要注意日は?2月11日。その前に、衆議院選挙はあるか? 地震は?

販売価格は、通常価格6000円のところを、2020年1月末までにご購入の方は、キャンペーン価格の「4000円」(瓊音倶楽部会の方は、「2000円」)でご提供します。
尚、恐縮ですが、別途送料380円を頂戴します。 (注)10月からは消費増税となりましたが、DVDの価格はそのままで、従来と同じ「4000円」で販売させて頂きます。ただ、送料については「380円」に変更させて頂きました。

全編で、2時間41分(161分)です。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp
弊社HPの「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。
次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→ 「皆神塾(東京)」DVD(12月14日開催)
「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。》

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。