村田光平先生から;「未必の故意による犯罪(原発と五輪)」との指摘も

以下、村田先生からのメールを転送します。

皆様

東京五輪の迷走は遂に急速な五輪廃止論の世界的広がりをもたらすに至っております。

62318時、過労で検査入院をした小池百合子都知事不在の東京都庁(新宿区)に過去最大規模のデモ隊が集結しました。

今回のデモは日本の反五輪団体だけでなく、次期開催都市のパリやロサンゼルスなどと連帯し世界同時多発デモとなっているとのことです。(AERA dot.)

来日五輪関係者が感染した場合の対応振りの不手際は市民社会の直観が予見したものです。五輪が国民の反対を無視して開催して感染の拡大を招く蓋然性が高いことは否定できません。

ここで、原発との類似性が想起されます。東京五輪が未必の故意による犯罪を構成すると指摘される可能性です。

感染拡大を望まないにせよその結果を招く可能性がインド型変異株感染の急速な拡大により確実に強まりつつあるからです。

市民社会はかくも大義名分を失った不道徳東京五輪は開始前に頓挫すると確信しております。

皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。

村田光平

(元駐スイス大使)

追記;

以下、参考情報です。

昨日23日にあった、デモです。

・・・・・・・・・・

新井先生、こんばんは。
ぬなと倶楽部会員のH です。
今日6/23、18時から都庁前で、オリンピック中止集会があり、
19:30頃から新宿アルタ前に向けてマーチもありました。
福島から参加したしんがりの車両が、アルタ前に到着した時の映像を送付いたします。
40分位機動隊が張り付いて移動するように説得していたようですが及ばず、21時過ぎても辺りは騒然としていました。
緊急事態宣言明けの新宿の街で
一杯飲んだ帰りのサラリーマンが大勢、野次馬に加わっていました。
都庁前の集会の時から、さゆふらこと国民主権党の平塚正幸氏と都議選に杉並区から出馬予定の中根じゅん氏とその仲間が、反対車線から大音量で集会をずっと妨害しており、マーチの時も大音量で妨害してきました。
彼らの主張は、コロナは嘘、ワクチンは射つな❗危険だ、です。

ここまでは私も同じ意見ですが、
集会に集まった民衆が密で唾もたくさん飛ばし、空気感染する状態でも平気なのだから、オリンピックは出来るのだ‼️やるべきだ、というのです。

オリンピックが、利権まみれだとか下請けへのピンハネ、貧困格差を加速させている事等には一切触れては、いませんでした。
オリンピック貴族の手先なのでは?と勘繰りたくもなりました。
面白い映像が撮れましたので、ご覧くださいませ。

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。