明日総選挙。すぐに待ち受けるグラスゴーでのCOP26.岸田内閣のご本尊:日本の原発ムラの姿勢と汚染水問題を世界は忘れていない。BY村田光平。

以下、村田光平先生からです。

・・・・・・・・・・・・・・

皆様

10月31日から11月12日にかけ、英国・グラスゴーでCOP26が開催されます。
ネットで寄せられてきた下記のメッセージが注目されます。

<世界のリーダーたちへ「裏切りだ」

各国政府が二酸化炭素(CO2)排出量を減らせずにいることついて、世界中の若者た ちはこう言っていますが、それも当然です。

極めて重要な1.5℃目標から恐ろしいほど遠くかけ離れているにもかかわらず、どの 国の政府も化石燃料に巨額を投入し、気候危機を加速させているのです。>

脱原発の動きに関しても「原子力村」が温存され、福島事故の教訓が無視されている
現状は

市民社会から日本のリーダーたちに同様の叱責が向けられていることが連想されます。
非力な市民社会が頼れるのは「人力を超えた身に見えない力」(天地の摂理・歴史の
法則)です。

この度の天災(海底の火山の爆発により惹起された軽石災害)はその一例です。
世界が反対する福島汚染水の海洋放出の危険性を見事に可視化しており、
内外でこれに反対する動きはこれにより、今後大いに盛り上がるものと思われます。
現に、「世直コロナ」を思わせる事例の増加が看取されます。

村田光平
(元駐スイス大使)

・・・・・・・・・・

足元にある現実の問題を、きちんと見ない人間には、未来は創れない。

次々と新しい禍や面倒を創り出す手法は、もう、世界中から見透かされています。

あとは、私たちが、何をどう判断するかです。

img src=”http://nunato.net/wp-content/uploads/2021/10/スライド6-3.jpg” alt=”” width=”960″ height=”720″ class=”alignnone size-full wp-image-14240″ />

 

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。