講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

入口紀夫熊本大学名誉教授「東京五輪は、特に欧州で急増し始めたコロナによってではなく、日本を貶(おとし) めた不道徳によって中止されると私は考えております。」

村田光平先生からです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
皆様

入口紀夫熊本大学名誉教授から寄せられた東京五輪中止の動きに
関する所感が寄せられましたのでお届いたします。

日本の市民社会は当初から「無責任・不道徳」な東京五輪の開催
実現に悲観的でしたが、本所感は余すところなくその根拠を提示
しております。

ドイツのハインリッヒ・ベル財団のアジア支部のオリンピック特集
に小出裕章先生の記事が掲載されました。誠に時宜を得たものです。

以上を総合し、五輪中止は不可避と断言できると信じます。

 村田光平
(元駐スイス大使)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(23日に寄せられた入口紀男先生の書簡】

村田 光平 様

入口紀男です。お疲れさまです。
東京五輪は、特に欧州で急増し始めたコロナによってではなく、日本を
貶(おとし)めた不道徳によって中止されると私は考えております。

 放射能汚染国・地域に五輪を招致した不道徳。

「アンダー・コントロール」などとウソをついて招致した不道徳。

招致のために「東京は福島から離れている」などと言って福島を切り捨て
た不道徳。

日本人古来のおもてなしの精神を招致という見返りのために使ってぶち壊
した不道徳。

高濃度のセシウム137が沈着し、今も糞尿臭が流れ込む東京湾で世界の選手
を泳がせようとした不道徳。

ボランティアを学校等に割り振って強制的に徴用しようとした不道徳。

JOC会長もフランス司法当局から贈賄容疑で捜査されている不道徳。

世界の選手や観客、ボランティアを未必の故意で熱中症の危険にさらそう
とした不道徳。

東京の古い街並を住民感情を無視して壊した不道徳。

福島を復興のイメージに利用して米国の土壌の3千倍の放射能をもつの野球
場で五輪競技を開催しようとした不道徳。

だれも責任を取ろうとしない不道徳。

PCR検査を、人口あたりあのスウェーデンの10分の1しか実施しない不道徳。

どのメディアも、不道徳を不道徳として取り上げようとしない不道徳。

 日本が、自らの国をこれほど貶めた時代はありません。
日本の風向きが、政府が真正面から国力をかけて取り組むべきは東京五輪の
開催などでなく、原子炉事故の終息であり、新型コロナの制圧であるという
ことにならないように、政府も広告会社も新聞・テレビも、国民の健康より
自らの利権を守ることに必死で、国民に対して原子炉事故も新型コロナも、
何としてでも小さく見せようとして来ました。

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。