講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

今朝はマイナス7度だった。みなさん黒酢タマネギを食べよう。不在だった習近平が出てきた。

時事が伝えています。
 習主席「経済勢い変わらず」 米大統領に冷静対応促す 新型肺炎 2/7(金) 13:08配信

トランプ米大統領(左)と中国の習近平国家主席(AFP時事)
 【北京、ワシントン時事】中国の習近平国家主席は7日、トランプ米大統領と電話会談し、湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎について「われわれは感染拡大に打ち勝つ完全な自信と能力がある」と表明した。
 習氏はこれまでの対策が「次第に効果を上げている」と主張し、「中国経済の長期的発展の勢いは変わらない」と強調。トランプ氏に直接、新型肺炎への中国側の取り組みや状況を説明した。中国外務省が発表した。
 米政府が中国からの入国制限などで厳しい措置を取る中、米側に「冷静な状況の評価と合理的な対応を希望する」と促した。
 習氏は「米国社会各界から提供された援助に感謝する」と語った。また、「国全体の動員、全面的な配置、素早い対策」を取っているとして、最高指導部・共産党政治局常務委員会の3日の会議での発言と同様に「疫病予防・制御に向けた人民戦争を開始した」と訴えた。

 これに対し、トランプ氏は中国の新型肺炎対策を「全力で支持する」と語り、専門家の派遣をはじめとする支援を行う考えを明らかにしたという。ホワイトハウスの報道担当官のツイッターによると、トランプ氏は、新型肺炎に立ち向かう中国の強さと回復力を確信していると伝え、情報交換や協力の継続を確認した。 

・・・
この両者は、DSカバルと共に戦っている。
日本はどうなのか?
DSカバルは世界中にいる。軍事関係の既得権の中に。
医療利権の中にもいます。

黒酢とタマネギスライスがいいよ。
あと、黒酢とハチミツ、そして、レモン(ゆずなど柑橘系)をお湯で割る。
いい栄養をつけないとね。

あと、列島の中で、もとCIAに近いところにいた人間が、
ドタバタし出しているみたい。

私は、今朝4時に、区民会館で活動している「早起き会」のメンバーと
会いに行きました。
マイナス7度でした。志賀高原では、マイナス12度。
渋温泉のスノーモンキーは間違いなく入浴していたでしょうね。
これから、会議です。

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。