数字の維持が政権目標の国家権力。重大事実は報道規制で認知されず。リアル世界に何が待つ?金融破綻・意図した人口減・都市機能崩壊・三峡ダムなど。

中身がどうであれ、発表される数字にこだわる。これが現在の地球人類が生み出した各国の、政権担当者の姿です。日本もアメリカも中国もEUもイギリスも。どの方向に政策を出すべきかか?この正当性を国民から支持されるには、どうしても数字での根拠が必要だ、ということで、成長率GDPや国家税収、失業率など、なんでも統計をだしますが、これが、日本で極端なお手盛りになってしまったのが安倍政権。 以前2000年頃はまで、中国が作る数値はまったく当てにならず、貿易統計などは、日本が一番参考になるとも言われていましたが、人民中国なみになったというわけです。。
国家権力が領域内の民から、どれだけ税や役務を絞り、それを何にどう振舞うか?そのとき、自分の権力保持の正当性を担保するものは、個々の領民の意識・生活実感とは別に「数字」でした。これを、税優遇を受けているもの同士が連携して、すでに得ている待遇を護るためにさらに数字をつくる。メディアにも学者にもそのこと文句を言わせず、チェックもさせない。改竄作為がバレてもシラバックレル。メディアは権力の味方で 地方の役人や学校の教員がすべて大本営発表のみを、自分の生活のために言い続ける。
もう、国家とマネーに関し次元が変わり、全く異なるフェーズに入っているのが気が付かない。これには、エネルギーと医療の劇的新技術の登場があるが、これをなるべく出させないように一致して動く。しかもそこには、各国権力者間に「静かな管理された人口削減」の暗黙了解がある。
トランプ自体は、<国家を越えて国家を道具にして、ごく一部の人間のマネーを最優先にするグローバリズムの暴走、マネーの悪魔性との戦い>は見えるが、国家のもつ限界には気が付かない。人類史全体のダイナミズムとして、国家の役割・存在意義が劇的に変わりだしているのを気が付かない。
如何に、幸福に暮らすか? 個人の権利と「富」の発生と再分配。そもそも「富」とは何だったのか?
人類社会での豊かさは富でそれは現在ではマネーで現わされる。今、大陸では、「富 而 不 貴(フゥ ァ~ プゥ クゥイ)」という言葉が流行っている。意味は「大金持ちだけど品性がない」。こうした人間は「土豪(トゥ ハォ)」と呼ばれる。権力を持った人間とその周囲の人間関係に、公正な監督権限が及ばない世界ではいつもこんな人間が生まれる。なにも「共産党だから」の話ではない。
それを、「国際的な基準」と「国家を超えた力」で関係を改善できるか?しかし、ここにグローバリストが入り込んで、超国家の利益をむさぼった。
何が正義なのか?人類にとって、そして、生物界にとって。個々の人間の覚醒と、地球人類のマスとしての人口管理。国家権力も国際基準つくりもここが出発だ。その権力行使時、人を動かすうえで、独裁権力と奴隷労働の関係か、それとも「公」なる国家事業としての雇用とマネーがなのか?ただ、どこでも、一たびマネーが設定されると、利権化して問題は解決されないまま、破局をもたらす。

 富はいつ発生したのか?これは農業生産と一体だった。そのときに、人間精神に悪魔性も始まった。原始の部族社会には、自然界から切り取った形の「富」はなかった。冬を越し、翌年の種もみ以外は使い果たす「余剰蕩尽」。母系制社会だった。異なる部族の接触では、相手を認め合った。通婚はあり、共通の敵の前には、協力し合った。
「異なる部族を一つの家にする。そこに屋根を掛ける」という発想はいつ生まれたのか? 国家が作られ、さらに巨大な国家「帝国」になる。このときには、いつも「神の高み」にいる「超越者の物語」が作られ、語られた。ダビデ、キュロス、アレキサンダー、始皇帝、ローマでの救世主イエス。
では、日本列島では、いつから、「神の高み」の物語が始まったのか?
今、国家ベースでの物語が、世界各国でどんどん破たんしている。どこに戻ってやり直せばいいのか? 中国に関し、面白い動画があります。このシリーズでは、キーワードの中国語も学べます。今回は、三峡ダムのことを取り上げたものを紹介している。妙仏の「中国語講座」
https://nhacxuanhay.com/video/1Rb4eThAOQk/.html



『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

5月12日開催『皆神塾(東京)』DVDの内容紹介ビデオ

5月12日に開催した『皆神塾(東京)』DVDの内容紹介ビデオができました
7分のビデオですが、新井先生が、講演内容の概略を説明されています。
皆神塾にご来場いただいた方はご存じですが、講演会自体は2時間47分(167分)ですから、
もちろんこれ以外のお話も盛りだくさんです!!

現在、このDVDをキャンペーン価格で販売中です。DVDの内容などの詳細・ご購入について、次のリンクからご覧ください。→ 5月12日「皆神塾(東京)」DVD

DVDのご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→
TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026
携帯: 090-5804-5078
E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。