村田先生の友人から警告!!「COVID19ワクチンは何としても避けよ。健康になったとしても、このワクチンは化学物質や重金属、一連の「不具合」を運んでくるので、中長期的には肉体的にも精神的にも取り返しのつかない遺伝的なダメージを受けることになる」

村田光平先生からメールを転載します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皆様

米国在住の知人から寄せられたメールを転送させていただきます。

コロナ・ワクチンは「遺伝子治療」であるとの専門家の警告については
最近のBCC発信で報告させて頂きましたが、
専門家が指摘する今回のコロナ・ワクチン開発に見られる安全性に関す
る動物実験を省いての拙速振りはあまりにも危険と思われます。

接種に実施には事前の国民の承諾の取り付けが不可欠と思われます。

村田光平 (元駐スイス大使)

 -------
Sent: Tuesday, November 24, 2020 8:07 AM
Subject: rna vaccine safety?

2020-11-22 18:15:30
「コロナ」・ワクチン・世界政府など科学的知見は?
Any scientific advice?

ロバート・F・ケネディJr:
COVID19ワクチンは何としても避けるべきである 

Published on November 19,2020 Written by Robert F. Kennedy Jr
https://principia-scientific.com/robert-f-kennedy-jr-covid19-vaccine-should-be-avoided-at-all-cost/

私は、Covid-19ワクチン接種に関連する重要問題に緊急に注意を喚起したい。
予防接種の歴史の中で初めて、いわゆる最終世代のmRNAワクチンは、
患者の遺伝物質に直接介入するため、個々人の遺伝物質を変化させます。
それは、遺伝子操作を表すもので、すでに禁止されていて、それまで犯罪と
みなされていたもの
です。

この介入は、遺伝子操作された食品と比較することができ、これもまた物議を
醸しています。
現在、マスコミや政治家がこの問題を矮小化し、新型ワクチンで正常な状態
に戻そうと愚かにも呼びかけているとしても、このワクチン接種は 健康面、
道徳面、倫理面で問題があり、また、これまでのワクチンによる被害とは異なり、
不可逆的で取り返しのつかない遺伝的なダメージを受けることになります。

親愛なる患者のみなさんへ、
前代未聞のmRNAワクチンを接種した後は、ワクチンの症状を補完的に治療する
ことができなくなります。ダウン症候群、クラインフェルター症候群、
ターナー症候群、遺伝性心停止、血友病、嚢胞性線維症、レット症候群など)の
ような遺伝的欠陥を持った人のように、人体から毒素を取り除くだけではもはや
治らないので、彼らはその結果を背負って生きていかなければならないのです。

これはハッキリと意味しています:
もしmRNAワクチン接種後に予防接種による症状が出た場合、私も他の治療家も
あなたを助けることはできません。私の考えでは、これらの新しいワクチンは、
歴史上、これほどまでに大々的に行われたことのない人類に対する罪に相当し
ています。

経験豊富な医師であるヴォルガング・ヴォダーグ博士[Dr. Wolfgang Wodarg]が
言うように:「実際、大多数の人々のためのこの「有望なワクチン」は、
(人間の)遺伝子操作であるため、禁止すべきです!」

アンソニー・ファウチ[Anthony Fauci]が開発・承認し、ビル・ゲイツ[Bill Gates]
が資金提供したこのワクチンは、実験的なmRNA技術を用いています

15名のヒトモルモットのうち3名(20%)が「重篤な有害事象」を経験しました。

注:メッセンジャーRNA(mRNA)とは、細胞核のDNAの遺伝暗号を細胞質のリボソ
ームに伝えるリボ核酸のことで、タンパク質のアミノ酸が結合する順番を決定し、
そのタンパク質を合成するための型やパターンとして作用するものです。

Resource:
Robert F. Kennedy, Jr. (
https://en.m.wikipedia.org/wiki/Robert_F._Kennedy_Jr )

ワクチンCOVID =不可逆的な遺伝的損傷-人類に対する犯罪。
コロナウイルスは存在するのか、しないのか?  ・明確化。

1. ウイルスは存在しますか?

はい、他の多くのウイルスと同様に。
(訳注: PCR検査のCt値が、40~45だそうですので、現在「検出」
 されているのは 常在コロナウイルスや、他のカゼウイルスでしょう)

2. 治療法はありますか?

はい、適切な薬を使用して、あなたの健康を腐敗した商業的な健康シス
テムの手に委ねないならば、治療法はあります。

3. 良い医師はいますか?

はい、多くは、一部の医師は慎重に適切な治療法を与えて行動しています、
他の人は大胆にしてきていて、これらの治療法について話しているネット
ワークで多くのビデオがあり、そして、多くの人が脅され、失格、あるいは
沈黙させられています。

4. 科学者たちは調査していますか?

はい、
そして、彼らがその不具合な問題に与えた治療の虚偽を暴露するために、
「真実のための医師と科学者」と呼ばれる、より多くの医師と科学者に
呼びかける世界的連合があます。

5. それはパンデミックですか?

いいえ WHOはパンデミックを終息させるためにその不具合に着手される前に
パンデミックを指す言葉を変えました。
(訳注:人がほとんど死なない、八百長PCR陽性デミック)

6. それは感染性のものですか?

はい、他のインフルエンザと同じです。

7. ウイルスに感染したら死ぬのですか?

いいえ、症状がある場合は、初日から適切な薬を服用して(免疫力を強化する、
抗炎症剤や抗インフルエンザ剤を服用する(訳注:抗炎症にはウコン、タマネギ
の皮、ビタミンCなどがよいでしょう)、自宅で治してください。

8. 予防できますか?

はい、必要なだけ清潔にして、高い免疫システムを維持することです。
そして、あなたも持っています。オゾン療法、予防プロトコルの二酸化塩素。
(訳注:ビタミンDレベルを上げ、味噌汁や煎茶でも飲み、手洗いは流水で良いで
しょう。普通の石けんを少し使ってもよいでしょう)

9. 感染して、ウイルスによって死んだ人の数は確かですか?

いいえ、米国では、死亡症例の原因が他の病気であったし、検査は信頼性がなく、
それらは偽陽性を与えるので、どのデータも、その数の10%が実際のものであろう
ことが発見されました。

10. 陽性の象徴的な実際の症例は存在するのですか?

人間は体内に多くの微生物やウイルスを持っており、これは病気や感染者である
ことを意味するものではなく、ウイルスを持っていることを意味するものでも
ありませんが、体が侵入者からのアラーム(発熱、頭痛、嘔吐など)を放つため、
「とても攻撃的」とされているウイルスは患者に何らかの症状を呈し、そして、
コッホの理論によると 答えはNOです。

11. そのウイルスは作られたのですか?

はい、ある実験室で

13. 何のために? (訳注:12は抜けています)

自由を制限する口実にするため、現在の経済システムを、より抑圧的で、奴隷的で、
恐ろしく、盲目的な群れの服従に変えるためです。

14. 多くの国がこの悪意ある計画に参加しているのですか?

そうです。

15. 我々はこれから抜け出せますか?

はい。そして、死と計画に貢献した者たちは 落ちぶれ、彼らがしたことの代償を
払うことになるでしょう。

16. 恐れなければならないのですか?

恐れは免疫力を低下させ、精神的にコントロール可能にします。

17. メディアは計画の一部ですか?

メディアの所有者は共犯者です。これはマインドコントロールと呼ばれています。

18. 何をすべきでしょうか?

あなたは自分自身を守り、もしあなたが病気になった場合、あなたはすでに自宅で、
または自暴自棄のプロトコルにコミットしないあなたの信頼できる医師と一緒に、
自分自身を癒す方法を知っています。

19. ワクチンを接種すべきですか?

いいえ。もしあなたが健康になったとしても、ワクチンは化学物質や重金属、一連
の「不具合」を運んでくるので、中長期的には肉体的にも精神的にも健康に影響を
与えるだけです。それはあなたの体のことであり、あなたの心身の健康について決
めるのはあなたの権利です。人類を絶滅させるためにウイルスが作り出された後に
ワクチンを信用しますか?

20. これは戦争なのですか?

そうです!我々は勝利する!団結して他の人を目覚めさせなければならない、
多くの情報を与えて。 
「強制的にマスクを被らされても黙ってはいない。」

著者について:ロバート・F・ケネディJrは、ジョン・F・ケネディ大統領の下で
元アメリカ司法長官を務めた弟の息子です。ワクチン傷害弁護士としての彼の仕
事の中で、ロバート・F・ケネディJrは、抑圧されたワクチンのドキュメンタリー
『VAXXED』やインフォームド・コンセント・アクション・ネットワーク(ICAN)
をプロデュースしています。

Rosan O. Yoshida  吉田収・魯参

www.heiwasekai.org

www.missourizencenter.org

www.global-ethics.org

コロナ・ワクチンは「遺伝子治療」であるとの専門家の警告

最近のBCC発信で報告させて頂きましたが、
専門家が指摘する今回のコロナ・ワクチン開発に見られる安全性に関する
動物実験を省いての拙速振りはあまりにも危険と思われます。

接種の実施には事前の国民の承諾の取り付けが不可欠と思われます。

村田光平(元駐スイス大使)

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。