永世中立国スイスは戦後アメリカと繋がっていると聞いていたが、終戦直後CIAが作った列島民洗脳装置だった「読売」ではそのトップは何かこの次元で関係するのか?

こんにちは。
スイス大使になる、読売の白石さん。
明らかに、政府側の政治決定なのですが、背景に何があるのでしょう。
読売グループのトップ(正力~ナベツネ~白石)には、戦後の日本の統治に関することで、何か大切なものが継承されているのかもしれません。
それは、通常の外交ルートとは違って、自民党の清話会のなかでも岸信介直系人脈が知ることかもしれませんね。
「スイスと戦後のアメリカは繋がっている」と言っていたのが確かオランダ銀行(欧州随一の金塊保有銀行)の総裁でした。

あと、竹中平蔵氏が8月に参加した会議とは「公式ダボス会議」の裏バージョン(非公開会議)で、どうもジュネーブで行われたようです。

ウィーン会議から始まる「金融ワンワールド」にとって、FRBが発行する米ドルを戦後世界の基軸通貨にしようとする企ては、実は満州事変のあとから始まっていました。1930年5月30日にBIS(国際決済銀行)ができたにもかかわらず、翌年9月18日に石原莞爾が満州事変を起こして張学良を追い出し、しかも、「共和制」をいう石原を嫌って排除した日本軍は、天津にいた溥儀を連れ出して満州国を宣言してしまった。これで、中華民国成立時の「五族共和による中華:漢・満・蒙・回(ウイグル)・蔵(チベット)」が崩れてしまった。翌年、国際連盟はリットン調査団を派遣し「満州は中華民国の一部。開発優先権は日本が持つ」と報告したが、日本はこれを無視し、国際連盟を脱退した。
 このあとに、IPR(太平洋問題調査会)では徐々に日米戦争へとシナリオを作りだすが、同時に、1934年から1941年初めまでに、スイスにあった金塊1万5千トンがアメリカのFRBに持ち込まれた、とされています。
 もしや、この次元での、スイスとアメリカ、さらに日本の密約に関わる何かが、戦後日本でのアメリカCIAの洗脳機関であった「読売」の、その「経営トップ」に伝えられ(隠され)ていて、それを「処理(活用)」する必要がでてきたのか?
それとも、スイス発の「フクシマ」告発報道がこれから列島に流れるに際し、何かのバイアスをかけるために、この新聞社topが大使に選ばれたのか? 
あるいは、そもそもそんな重大な意図は何もなく、ただ単に安倍様のお友達に「ご褒美」ポストをあげるという、単純な決定なのか?

戦後経済の「マネー」に関し、「その時」が来る「ぎりぎり」まで、今の列島の「忖度」体制は司法まで巻き込んで「維持」できると、日本の権力者たちは考えているのでしょうから、安倍サマの周囲の人間は、今のうちにどん欲にお楽しみになるのでしょうね。

今、安倍チンは、ウラジオストックですね。

【ご案内】『皆神塾(東京)』(12月14日)のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!!

DVDキャンペーン

12月14日に「東京」で開催した新井信介講演会『皆神塾(東京)』のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!!

<テーマ>:『行き過ぎた「予定調和」がもたらした悲劇を消せ!!』

<総論>:

◎Qたちの最終仕上げ。 NHK東京直下地震を特集。 処理のスタートは2012年冬至
◎悪魔の本拠は、「独善をいう概念」。キリスト教と、国家神道。フランシスコの引導
◎金融ワンワールドは、資本主義を卒業する。合成覇権通貨への準備
◎マネーの本質を洗い直し、「国家」と「市場」と、「心を動かすエネルギー」と
◎安倍晋三とその背景を徹底的に列島民と世界に知らしめる。 年明け「処分スタート」
◎準備を始めたユニバーサルチャイナ。 秦河勝とリニアの行方。 白山の泰澄 川勝知事と王毅外相

最大の犠牲者は、「自分の幸福を、マネーで、社会階層の中に見つけようとしたこと」
金融ワンワールドは、列島民がマネーを単なる道具と自覚するまで、「演出」をつづける
マネーでの金融破綻は起こさない。「持てる者」の意識をとことん変えさせる
どうなるソフトバンク?
要注意日は?2月11日。その前に、衆議院選挙はあるか? 地震は?

販売価格は、通常価格6000円のところを、2020年1月末までにご購入の方は、キャンペーン価格の「4000円」(瓊音倶楽部会の方は、「2000円」)でご提供します。
尚、恐縮ですが、別途送料380円を頂戴します。 (注)10月からは消費増税となりましたが、DVDの価格はそのままで、従来と同じ「4000円」で販売させて頂きます。ただ、送料については「380円」に変更させて頂きました。

全編で、2時間41分(161分)です。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp
弊社HPの「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。
次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→ 「皆神塾(東京)」DVD(12月14日開催)
「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。》

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。