【ご案内】大変お待たせしましたが、『ペット専用 MIチューナー「ザ・ペット」444Hz』入荷しました!! 数量限定ですのでお早めにお申し込みください!!

大変お待たせしましたが、『ペット専用 MIチューナー「ザ・ペット」444Hz』入荷しました!! 数量限定ですのでお早めにお申し込みください!!

<『ペット専用 MIチューナー「ザ・ペット」444Hz』のご説明>:

ペット専用 MIチューナー 「ザ・ペット」 444Hz   15800円
長さ 14.5センチ (ザ・ヘルスは13センチ)
柄 ゴム付き滑り止め
専用チューナーフォルダー付き
シリアルナンバー付き (たったひとつだけの手づくりの証)
仕様書(フェザートーンタッチのやり方やその他の使い方の詳細がわかりやすく簡単に書かれています)

動物が444Hz周波数を好み、癒されることはわかっていました。MIチューナーご愛用者の方々には、ペットを大切にされている方が多く、ご自身のみならず、愛するペットにもチューナー施術を施される方がいらっしゃいます。

ペットに何度かフェザートーンタッチを行いますと、すぐにその気持ち好さを覚えて、チューナーをみれば、ペットの方からやってきてせがむようになることが多いです。(嫌うペットもいます)

数ある周波数の中でも、ペットたちが喜ぶ周波数は444Hzです。鳥は528Hzの音を喜びますが、毛の多いペットたちは444Hzチューナーによる直接のタッチ。フェザートーンタッチを喜びます。ペットチューナーでタッチしたあとの、ペットの毛艶の変化にもぜひ注目してください。また、ペットたちの感情が満たされますので、性格もやわらかでおとなしくなるケースがほとんどです。(チューナーを嫌うペットや何の変化もない場合もあります)

ペットのストレスを軽減し、ペットとの充実した時間をぜひお持ちください。

通常の444Hzステンレスチューナーは、「ザ・ヘルス」としてすでに発売されており、好評を得ています。444Hzは人間の肉体と共振しやすい周波数と言われ、共振すればそこはエネルギーが高まりますので、健康増進に良い影響を与える場合が多いと考えられるわけです。

人の肉体もペットの体も、基本は444Hzと共振しやすいのですが、動物用にとくに工夫されて誕生したのが444Hzペットチューナーです。

持ちやすい長さ
ペットチューナーは「ザ・ヘルス」に比べて柄が長くなっています。1センチ以上長めで、グリップには握りやすいようにゴムの輪で滑らないようになっています。そのため力をほとんど使わずにでペットをなでてあげることができます。

ペットとの大切なふれあい、、、ペットのストレス発散に、ペット専用のMIチューナー「ザ・ペット」をおすすめします。

チューナーの効果は科学的に実証されたものではありません。またご使用感は人によって、ペットによって異なります。

《ご購入のご案内》

ご購入は次のリンクから「瓊音ショップ」でお申し込みください!!
→ 瓊音ショップ:「ザ・ペット」444Hz
あるいは次の連絡先までご連絡ください。担当:室伏
連絡先→TEL:03-6284-4312 FAX:03-6284-4313 携帯:090-5804-5078
E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp 》

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O