【お知らせ】『皆神塾(東京)』開催のご案内!! (7月21日(日))

7月21日(日)は、『皆神塾(東京)』を開催させて頂きますので、ご案内させて頂きます!!

今年は、年初から能登半島地震などが起こりました。グレート・リセット最終章に向かって日本列島は大揺れ・激震の年に入りました。人類文明史も大転換となりますが、人類は、マネーを略奪の道具から 感動空間の創造の道具に、作り変えることができるのでしょうか? 人類はピラミッド型のマネー支配の構造から抜け出すことができるのでしょうか?
皆神塾は、今年3月から内容を大きく変更して、「日本人を閉じ込めている「神話」の正体」を探求しています。新たな時代に向けて、皆神塾もスタートラインに立って情報発信をさせて頂きます。
激難の年を乗り越えるためにもぜひまた今回の皆神塾にご来場いただき、一緒に議論をさせて頂けたらと思います。

講演会の内容(概略)、レジメなどについては決まり次第改めてご案内させて頂きますが、
以下、「開催要領」をご案内させていただきます。
ぜひ、ご来場いただき、新井先生の話を聞くとともに、これからの未来について語り合いましょう!!

なお、ご来場いただいた方には、コロナワクチン関係の情報をまとめた『光と闇:情報開示⑨』という冊子を差し上げます。

<開催要領>:    

開催日:7月21日(日): <東京で開催>  
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
  TEL:090-5804-5078 (室伏)
時間: 15時~18時 
(注):「開場:受付開始」は14時30分です。
地図→ 皆神塾会場地図:湯島白川ビル 
最寄り駅:千代田線 湯島駅(4番出口) 徒歩1分
 JR山手線 御徒町駅(北口) 徒歩5分
大江戸線 上野御徒町駅(A4出口) 徒歩3分
銀座線 上野広小路駅(A4出口) 徒歩3分
懇親会: 「皆神塾」終了後、「懇親会」を開催します。
    中国・雲南料理のコース(フリードリンク)です。
    参加費はお1人:5500円です。「人数限定」ですので、以下の「参加申し込みフォーム」から、お早めにお申し込みください。
尚、懇親会のみ参加のお申し込みはお受けしておりません。
講演会参加費: 3500円
(注1)瓊音倶楽部会員の方は2500円となります。
(注2)懇親会に参加される方は、別途お1人:5500円頂戴します。
参加を希望される方は、次のリンク(「参加申込フォーム」)からお申し込みください。→ 皆神塾:参加申込フォーム   

≪ご案内≫:

<ご案内>: 『皆神塾(東京)』(6月23日(日)開催)DVDをキャンペーン価格で好評販売中です‼
年初から新井先生が大爆発です‼ぜひ、早めにご覧ください。オンラインでもご視聴頂けます。
詳細は次のリンクをご覧ください→ 瓊音ショップ:皆神塾DVD 240623  
<連絡先>: 株式会社K2O 室伏昭昌
TEL: 03-6284-4312 携帯: 090-5804-5078 FAX: 03-6284-4313





講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O