『もうすぐ3月11日(「311」)!!』・・・『市民が明らかにした福島第一事故の真実:東電と国は何を隠ぺいしたか 』

まもなく「3月11日」を迎えます。あの日は東京での「皆神塾」開催を控えて神保町で出版の打ち合わせをしていました。
「311」のために皆神塾の来場者はわずかでしたが、放射性物質の危険性について訴えました。
そしてまたその「3月11日」を迎えます。
放射性物質の危険性は当時もいまも変わっていませんが、でも残念ながら、市民感覚ではそれは「風化」してしまったかのような印象です。

きょうは、「311」の記憶が「風化」していっているような感もあるなかで、東電だけではなく、原子力安全・保安院、原子力ムラに取り込まれた検察庁や政府事故調などの暗躍などを確認し、二度のこのようなことが起こさないためには何をしたらよいのかを考えるための本を紹介させていただきます。
それは『市民が明らかにした福島第一事故の真実:東電と国は何を隠蔽したか』(彩流社)です。

「311」の原因となったのは「福島第一原発の事故」ですが、東京電力の元幹部3名が起訴され、現在、刑事裁判が行なわれており、今月12日の公判をもって結審となります。
長い裁判のなかで、2002年の段階で、福島沖の巨大津波の可能性が認識され、対策が不可欠であることは最高幹部をふくむ東電関係者は認識され、07年、いったんは原発の津波対策をとることが決まっていました。
それが一転08年7月に対策をとらないことが決まったために、3・11福島原発の大惨事が起きてしまいました。
この書籍では、長い裁判のなかで東電が隠蔽してきた数々の不都合な真実がわかりやすく解説されています。

次のリンクからもご購入いただけます!!

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

6月9日開催『皆神塾(東京)』DVDの内容紹介ビデオ

6月9日に開催した『古代史研究会(第3回)』DVDの内容紹介ビデオができました!
20分のビデオですが、新井先生が、講演内容の概略を説明されています。
皆神塾にご来場いただいた方はご存じですが、講演会自体は2時間46分(166分)ですから、もちろんこれ以外のお話も盛りだくさんです!!

現在、このDVDをキャンペーン価格で販売中です。DVDの内容などの詳細については、次のリンクからご覧ください。→ 6月9日「古代史研究会(第3回)」DVD

DVDのご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→
TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026
携帯: 090-5804-5078
E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp