「希望の党」は、保守で反安倍政権の集会所。戦後体制と戦う「器」になるか、まだ分からない。

 小池新党の発足。

お金はあるのかな、と気にしていたら、どうも、スポンサーが殺到らしい。

それだけ、反安倍政権の保守層が多いと言うことらしい。

今日のデンデン。いつも以上に、熱心に上手に、原稿を読んでいました。

 これまでの行政の枠組みとマネーの流し方には、まったく、変更する気がなく、

北朝鮮と、少子高齢化が、最大の国難なので、ここに当てるという。

2%の消費税の上昇分(5兆円)を、赤字解消に当てるのでなく、「人つくり」として

 ・「日本、死ね」といわれた 幼稚園・保育園の待機児童問題

 ・前川喜平氏の信念だった、所得格差による高等教育の機会の喪失の解消

 この二つに向けるだけ。これを、解散を決めてから考えて、大げさに言っている。

一体、デンデンが、何を守りたいのか、ミエミエ。戦後のアメリカ支配の経済体制。

 

新たに立ち上がった「希望の党」は、戦後体制と、本気で戦うつもりがあるのかどうか、

 これは、まだ分からない。

 原発ゼロを掲げているが、特別会計に全く触れていないのは、ホンモノじゃない。

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O

株式会社K2O